スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

個とチームワーク

2013-11-21
IMG_5116_convert_20131121212528.jpg


「黒子のバスケ」

という漫画をご存知でしょうか?

週刊少年ジャンプに連載されていて、コミックは現時点で24巻まで発行されています。

驚くべきことに累計2,300万部という大ヒット作品です。

先日、この漫画のある評判を聞いて全巻大人買い、休日に読破してしまいました。

スポーツを題材にしていますので、多くのスポーツ漫画と同様に、

「チームワーク」

が中心テーマになっています。

???????

なぜ売れてるのか?

今までのスポーツ漫画にありがちなチームワークとは少し違った角度でチームワーク
を取り上げています。

例えば、協力する。

こういう考え方はほとんど扱われていません。

骨子は、個の確立。

「えっ???」

チームワークと個の確立は、違った概念だし、むしろ対立概念にあるのでは?

と感じる方も多いのではないかと思います。

漫画の大ヒット→購買の中心は若者→若者に共感を呼んでいる。

こういう構図で観た方が面白さが深まるような気がしています。

個の確立の先に、最高のチームワークがある。

こういう考え方を若者は望んでいるのかもしれません。

「チームのために個がある」

もう少し言うと、

「会社のために個がある」

という考え方には拒否感を抱く若者が少なくないようです。

以前のように終身雇用が保障されているわけでもありませんし、会社が個を
守りきれる世の中ではありませんから当然のこととも言えるのではないかと
思っています。

若者なりに真剣に生きていこうと向き合った結果が、

「個の確立」

なのだと思います。

先ずは、自分がプロとして一人立ちできる力を身につけることが先決。

その後に、プロ同士が切磋琢磨して最高の成果を目指していく。

こういう理想像があるのかもしれません。

超高齢化社会に生きる若者がどれだけの価値を創造できるか。

国力を左右するほどの大事な論点です。

今の現役世代よりも1.5倍~2倍もの価値(付加価値)を期待されている世代を
応援して活かしてあげたい。

黒子のバスケは、実は、大人もかなり読んでいるらしいのです。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!





スポンサーサイト
tag :

桃太郎を違った立場で観る

2013-11-20
I社さんで毎月恒例の定時後オフサイトミーティングをおこないました。

特に、テーマを決めて議論するのではなく、参加者の話しの中からテーマを
見出しいていくという上級者コースです。

風土改革の経験は私の社歴のより長い黒帯のみなさんですから、今回は私か
ら議論の材料を冒頭に投げ込ませてもらいました。

その資料がこちらです↓

IMG_1196_convert_20131120223830.jpg

アインシュタインの名言、

「問題を生み出したのと同じレベルのマインド(意見、意思)では問題を解決
 できない」

日常のオペレーショオンレベル(PDCAサイクル)がSingle-Loop Learning、
そもそもの意味を問うようなレベルをDouble-Loop Learningと呼んでいます。

日常の問題も少し視野を拡げて考えないと物事は解決しない。(対処ではなく)
という考え方です。

IMG_2715_convert_20131120223848.jpg

もう一つは、「組織は常に安定しようとする傾向を持っている」というありの
ままの姿があり、だからこそ組織には「意図的な“ゆらぎ”」が必要という考
え方です。

組織にとって健全なゆらぎというのは、

①事実・実態を何よりも大切にすること

ここにChas(混沌)が生じる。

②意味や価値を常に考えると

そこに、Contradiction&Conflict(矛盾や葛藤)が生まれる。

③目指すものに向かって当事者としての姿勢を貫くことでしか、

統合されたInnovation(新しい概念)は生まれない。

この①~③のプロセスをデザインすることがスコラの真骨頂だと思っていますし、
これがDouble-Loop Learningです。

一度ではなく何度も何度も回し、少しずつ進化していくという意味で学習なの
です。

こんな抽象的な材料でしたが、そこはI社のみなさん、なんの躊躇なくついてき
てくれました。

上級者だなぁとつくづく感じるのは、この考え方を自分に引き寄せて応用して
くれる人が当たり前にいることでした。

もっとも驚いたのは、

「桃太郎の広告って知ってますか?」

という発言、

「????????」

すぐさまiphoneでネット検索してみるとすぐさまヒットしました。

86dbac7a_convert_20131120223915.jpg

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」

これには一同びっくり、そして納得。

物事をどの視点で観るかで事実はかなり違ってきます。

広告の下の方に小さく、

「一方的“なめでたし、めでたし”を生まないために、広げようあなたが見ている
 世界」

事実や実態を大切にするというのはこういうことですよね。

事実や実態は絶対解があるのではなく、あくまでも認識ですから、見方によって
事実や実態は異なってきます。

桃太郎の物語ように、子供のころから善(桃太郎)と悪(鬼)が刷り込まれてしま
っていると、違った論点を持ち込むには勇気がいることですし、混乱は容易に想像
されるものです。

こういう固定化された考え方が主流になっていると感じられる場面は会社の中には
たくさんあるはずです。

ここに異論を持ちこむことが“ゆらぎ”ですね。

ゆらぎは意図して起こすことが大事で、そのゆらぎをどれだけ許容できるかが、

「組織の力」

ということになります。

間違ってはいけないのは、安定化させることが組織の力ではない。

ということですね。

鬼の子供の立場で考えてみる。

絵本で読んだ桃太郎の物語は奥が深そうです・・・。





人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!






tag :

攻めと守り

2013-11-12
経営のスタイルにも「攻め」と「守り」のような違いがあるのではないかと
思っています。

私の愛読書、

「坂の上の雲」

でも戦争のスタイルとして攻めと守りが経営論に応用できるほど、上手に整理
されていていつも参考にしています。

日露戦争の舞台は、満州。

ロシアの戦争のスタイルは、要塞化を軸に鉄壁な守りを築き攻めての疲労させ、
しかるべきとに一気に攻める。

その逆に、日本は砲弾で要塞を沈黙させ、その後は歩兵による突撃で陣地を
奪還する。

互いのスタイルがどうして真逆になったのかの専門知識はありませんが、それ
ぞれの保有能力の違いにも理由があったのではないかと思っています。

保有能力というのは、資金、兵の数、武器、土木や建設技術などなど。

日本は兵の質や戦術では勝っていたと思うのですが、上記の物的な保有能力の
面ではロシアに劣っていました。

坂の上の雲にも記されている通り、

「守りは、攻めの数倍もの兵力を要する」

同じ兵力であれば攻めの方が有利という見方もできます。

攻めてよりも数倍の兵力を保有できれば、有利に進めることは可能なのでしょう。

守りは、局地的な主導権を攻め手に委ねているので、考えるべきは万能対応の
準備ということになります。

どこから攻められても大丈夫な準備をするということですから、兵力は攻めてより
も圧倒的に必要になります。

こういう話が経営にも応用できると感じる場面があります。

「現場が日常業務に忙殺され、本来やるべき仕事が進まない」

という場面です。

こういう場面が生じやすい経営スタイルは、

「受注(お客様から要望)対応型」

お客様からの要望には何でも応えていくというスタイルですね。

このようなスタイルが全て上記の場面と重なるわけではないのですが、

「受ける姿勢」

が強くなればなるほど、その傾向は強くなるように感じています。

「お客様の要望のさらに上を提案しよう!」

という積極性は受けるというスタイルよりは攻めのスタイルに近くなりますから、

「忙しいという停滞感」

は少なくなります。

経営資源にたっぷりと余裕があるのであれば、受ける姿勢になんら問題は生じな
いのかもしれません。

ただ、こういうことは今の世の中、あり得ない話でしょうから、攻めるという姿勢
を経営に持ち込むこまないといつまでも忙しさから抜け出せないのかもしれません。

何により力を入れるのか?

何をよりやらないか?

ここは攻め手だけが持てる主導権です。

お客様の満足は要望以上のレベルであって、要望を満たすだけでは満足につながら
ない場合もあります。

攻めの主導権というのは、お客様に満足してもらう主導権を持つということと同義
ですから、手放したら経営ではありませんね。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



tag :

子供に聞かせたいお金儲けの話し

2013-11-10
長い間、ずっと違和感を持っていることがあります。

それは、

「金儲けは悪なのか?」

何となくですが、日本の社会ではお金を設けること善しとしないような
雰囲気があるように感じています。

「お金の話をするなんてはしたない・・・」

「無償で働くことが美徳・・・」

というような、一見、美しい話しに重きが置かれています。

ただ、こういった価値感は絶対的なものなのかというと、決してそんな
ことはなく、

「周りから汚い人間だと思われたくない・・・」

という心理が強く働いた結果なのではないかと思っています。

一人ひとりは、本当はお金を大事だと思っているのに、周りの目を気に
して自分の気持ちを歪めてしまう。

もし、本当にそうだったとしたら、とても残念なことです・・・。

「日本人は、技術力は高くても、ビジネスは下手」

こういった状況にも少なからず影響を与えてしまっているような気もす
るのです。

先週、たまたまTVを観ていると、興味深い番組と出会うことができました。

「子供に聞かせたいお金儲けの話し」

お金を設けるということに対する正しい認識を持ってもらう。

このあたりを目的にしているのではないかと思います。

米国の金融資本主義の行き過ぎた膨張。

ホリエモンのマネーゲーム的な経営。

少なくとも上記は金儲けの本質ではないはずなのですが、いつのまにか象徴
的な話になってしまいました。

お金儲けに関しては、2つの方向で考えることが大事だと思っています。

①正しい行い(他者への貢献と他者に迷惑をかけない)の結果として得られ
る正しい対価は堂々と受け取ることが大事。

国際的にも禁止されている薬物などの販売は局所的には他者に貢献している
とすることもできますが、大局的には多くの人に迷惑をかけることになるの
で、大金を稼いだとしても正しい道ではありませんね。

②稼ぐということは、国民の最大の義務。

この社会は個人がどう思うが思うまいが、相互扶助の仕組みで成り立ってい
ます。

子供の時代に誰もが医療を受けられたり、教育を受けられるのも誰かが稼ぎ
支えているからにほかなりません。

自分で稼ぎ、自分の支払いはそこから済ませる。

というような、自己完結をありたい姿として強調している人も少なくはあり
ませんが、この社会に生きている限り、完全な自己完結はありえない仕組み
になっています。

知らず知らずのうちに誰かに支えられて生きているのだと思います。

納税は日本国民の義務ですが、これだって稼がない限り税金は払えません。

日本の企業の大多数が法人の未納というのかなり危険な状態です。

年を追うごとに、働き手一人当たりが支える高齢者の負担は増えていきます。

それにも関わらず、日本ではお金を稼ぎ税金をたくさん払っている人が尊敬
されることなく、肩身の狭いを思いをしてしまっています。

必要性と価値感がとてもちぐはぐなのです。

正しい道でたくさんお金を稼ぎ、税金もたくさん払う。

単純にこういうことをもっと奨励してもいいような気がしています。

お金に使われたりもてあそばれたりしないように、

正しい教育が早い段階から必要なのだと思っています。






人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




tag :

逞しい国家ビジネス

2013-10-07
先週の月曜日から土曜日まで、でき立てホヤホヤのスコラ・コンサルト・アジアの
仕事でシンガポールに行ってきました。

正確には、月曜日の早朝の新幹線に乗り、広島で大事な仕事を行い、広島空港から
夜の便で羽田空港に戻り、深夜便でそのままシンガポールに入りました。

シンガポールまでのフライトは約6時間30分ほどですから、翌日の朝から仕事を
スタートさせることができます。

体力的には少し厳しいですが、時間効率的には便利な世の中でもあることを実感し
ています・・・。

今回のシンガポールでとっても貴重な体験をすることができました。


IMG_0094_convert_20131007230153.jpg


シンガポール現地のパートナーKさんのご紹介で、

「韓国の建国記念日のパーティー」

に参加することができたのです。

参加していた人数は定かではありませんが、300名以上は参加していたのではない
かと思われます。

韓国のパーティーとは言っても、参加者は韓国人が主体とというより、多国籍と
いった感じ・・・、こういった場ははじめてなのでかなりドキドキしてしまいま
した。

パーティーの開催の挨拶は韓国シンガポール大使の方が努めたのですが、話の
内容は驚きの連続でした。

韓国という国家を会社に例えると、大使は営業部長といった感じなのです。

韓国をどんどん売り込むような話の連続だったからです。

もっとも印象的だったのは、

「K‐POP」

をはじめとした文化の売り込みでした。

話の冒頭は、エレクトロニクス関連が強調されていたのですが、今後は文化の
輸出にも力を入れていくという話も、後半でかなり強調されていました。

どうしても、大使=政治

という構図でみてしまういがちですが、

「政治では飯は食えない、商売で飯を食う!」

というような韓国の勢いを生で実感することができました。

異国の地で異国が主催するパーティーですから何もかもが新鮮で、


IMG_1431_convert_20131007230206.jpg


お祝いのお花なども日本とはずいぶんと趣が違っていました。


IMG_6262_convert_20131007230221.jpg


帰りには、袋に入ったお土産をいただいたのですが、その中は、

「韓国製品の数々・・・」

いたるところで韓国に触れてもらう機会を創っています。

日本でも最近は、総理自らインフラ輸出のトップ営業が見られるようになり
ましたが、まだまだ、政治とビジネスを分ける傾向が強いように思っています。

というのも、ビジネスを持ち込むということは、特定の会社の製品を売り込む、
または、肩入れするということを懸念するからだと思われます。

その点、韓国では金融危機後の強制再編などを経て、世界で勝たせる企業を
決めてしまっているので、日本のような懸念はそもそも存在しないのかもし
れません。

韓国の真似をする必要は決してありませんが、

韓国がこうやって逞しく商売をしているという事実だけは認識しておいた方が
いいのかもしれませんね。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。