スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

場を求心力にする

2013-09-16
9月6日(金)~7日(土)にかけて、スコラ・コンサルトの合宿を
行いました。

恒例の・・・、と言いたいところなのですが、これで3回目の開催
でした。

今から5年前に私が幹事になってはじめて開催したときは、

「なぜ、合宿なんてするの?」

という質問の嵐・・・。

「明確な目的があってやるんじゃなくて、やりたいからやるんです」

と思いっきり突っぱねて開催したこともとても懐かしく思い出され
ます。

その当時は、スコラ・コンサルトの創業者である柴田がそろそろ
引退するという話が出ていたころでした。

自由闊達で個性が強いメンバーがたくさん揃っているスコラ・コン
サルトは、遠心力がとても強く働く会社です。

そして、遠心力に対する求心力は柴田が担っていたのだと思います。

柴田の引退後の求心力はどうあるべきなのか?

ここがその当時の私の関心事でしたし、問題意識でした。

「人ではなく場を求心力にする」

これが、その当時、私が描いたスコラ・コンサルトのありたい姿でした。

もちろん、この頃は、私が経営を担うなんて考えてもいなかったのです
が、場を求心力にするという考え方は今でも同じです。

ただ、この求心力は実践してみると、なかなか困難で、常に悩み続けて
いるテーマです。

まとめすぎたり、整理しすぎてしまうと、どうしても自由闊達さや個性
が失われてつまらない会社になります。

自由がいきすぎると、当然のことながらバラバラになり会社としての
総合力は減退します。

遠心力と求心力のバランスというと、妥協めいた発想に陥るので、
どちらも犠牲にすることなく統合できるかが、私自身の最大の課題に
なっています。

ずいぶんとこのことで悩みましたが、少し前からある仮説を持つことが
できるようになりました。

「自分の風呂敷が小さいことが問題で、自分の風呂敷を大きくできれば
 統合できるかもしれない」

風呂敷というのは、

「スコラ・コンサルトをどんな会社にしたいのか?」

という未来像のことです。

世の中に対してどんな貢献ができる会社にしたいのか。

このあたりをメインテーマに合宿が開催されました。

合宿の世話人を務めてくれた、新人のOさん、Yさん、そしてベテラン勢から
Kさん、Yさん、さすがはプロのプロセスデザイナーが約半年間にもわたって
準備をしてくれたので企画はばっちりでした。


・ジブンガタリ(スコラ・コンサルトに入社した理由ややりたこと)

・これまで歴史レビュー

・10年後の世の中を考える

・これからのスコラ・コンサルトの貢献領域

という流れで議論を進めていきました。

世話人さんたちの凄いところは、スコラ・コンサルトのことを良く知ってい
るお客様を呼んでいたことでした。

もちろん、おなじみのI社のI社長も参加していました。

お客様にも終日議論に加わってもらい、時にはドキッとするようなフィード
バックや気付きをたくさんいただきました。

「お客様からたくさん口を出してもらえる会社」

こういう姿が一つの理想像だと思っていましたので、これを検証する素晴ら
しい機会にもなりました。

提供する側とされる側という境界線を明確にするよりも、一緒に成長してい
くということの方が持続性も発展性もあるような気がしています。

スコラ・コンサルトは、2015年3月を目標に、株式を外部に公開する予定で
います。

この公開という意味は、上場ということではなく、スコラ・コンサルトの
メンバー以外からも株主を募るという意味です。

お客様にも株主になってもらい、経営などにも口も手も出してもらう、
参画して欲しいというのが理由です。

数年後の株主総会は、今回の合宿のように、スコラ・コンサルトを取り巻く
多くのみなさまと一緒に未来を創るような場にしたいと思っています。

スコラ・コンサルトの株主総会は、1泊2日で開催します。

こういうことが結果的には求心力になるのではと考えているのです。





人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!






スポンサーサイト
tag :
コメント:
お世話になりました。
しっかり勉強させてもらいました。
「場を求心力にする」という考え方は、実現できればすばらしいですよね。
私もISOWAでその方法を見付けたいと思います。
ありがとうございました。
[2013/09/17 21:06] | 磯輪 #- | [edit]
磯輪さん

こちらこそ、ありがとうございました。

場を求心力にする。

まだまだ途上ですので、これからも相談させて
くださいませ。

[2013/09/18 22:44] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/351-30b6fc4f

[2013/09/17 21:06]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。