スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

技術者魂

2013-04-07
金曜日の早朝から妻は、二泊三日の合宿に出かけているので、
今日まで息子と二人きり、子育てに励んでいました。

朝の着替えにはじまり、朝昼晩と離乳食をつくって食べさせて、
夜はお風呂に入れて、寝かしつける。

その合間を縫って、買い物、洗濯、掃除を済ませる・・・。

猛スピードでハイハイが出来るようになったり、つかまり立ち
も上手になってくると、目を離したすきに悪戯三昧ですから、
なかなか家事もはかどりません・・・。

ただ、これだけべったりと子供と過ごすと、絆がずいぶんと深く
なったような気がして、溺愛に拍車がかかったような気がしてい
ます。

今日は、風は相変わらず強いものの、天気は青空。

愛犬も連れて、散歩に出かけました。

すると、また出会ってしまいました。

IMG_1736_convert_20130407141932.jpg

元いすゞ自動車の社長、稲生さんです。

いつものように、庭先でまじめな雑談をしていましたが、奥様から

「お茶でもどうですか?」

という話があり、遠慮なくおじゃまさせていただきました。

息子を「職商人」に育てたいと願っていますから、稲生さんに抱い
てもらえると、それだけずいぶんと近づいていくような気がします。

普段は、人見知りが激しいのですが、稲生さんを師匠だと察してい
るのか、満面の笑みで抱かれていました。

稲生さんの問題意識は、

「若手技術者を元気にすること」

そのためには、日本はもっと、

「正直で誠実な風土」

にならないいけない。

「この部分は、高橋さんがやるんだよ!」

と叱咤激励されました。

正直で誠実な風土。

例え話しで教わったのは、

「安全と安心」

この違いがわかることがとっても大事なことなのだそうです。

「オスプレイという飛行機を安全だとするから安心感が低下する」

そもそも、飛行するということは、ヘリコプターのような原理と
飛行機のような原理の二通りがあって、それを組み合わせたのが
オスプレイなので、安全なわけがない。

※この部分はもう少し専門的な視点から教えてもらったのですが、
ついていけませんでした・・・。

安全ではないものを安全だと無理やり捻じ曲げてしまうから、安心
が侵されるということでした。

防衛大臣が一時間かそころ、乗ってみて安全だと語ってみたところ
で、安心にはつながらないのでしょう。

それよりも、危険なものだと認め、だったらどうするのか?と考える。

飛行の切り替えは、基地の上や海上のみで行う。

この方が人々が欲する安心への現実解が引き出せる。

これは、昨今の原子力問題も同じですね。

素直で誠実というのはこういうことを指すのだそうです。

本来人間は、普通にこういった感覚を持っているのでしょうが、どこ
かで歪んでしまうと、働くことの意義すら歪んでしまいます。

こうなると、人間はどんどん元気がなくなってしまいますね。

「正直で誠実」

このために何が大事なのか?図々しく聞いていくと、

「受け入れる力と想像力だ」

と答えてくれました。

「鳴かぬならそれもなおよしホトトギス」

徳川家康のさらに上の次元をいくような受け入れる力を持っていたのが
松下幸之助だったそうです。

さらに想像力に関しては、

「三現主義の本質を知ってるか?」

と聞かれたのですが、答えられませんでした。

「三現主義の本質は想像すること」

ただ見ればいいわけではない。

「事実を見て、そこから出来る限り多くの仮説を引き出せるか」

例えば、殺人の現場があって、灰皿の上に口紅付いた吸殻があった
とする。

「犯人は女性だ!」

という仮説は素人も同然だというのです。

犯人は複数かもしれない、犯人はオカマなのかもしれない、犯人の
捜査かく乱なのかもしれない、などなど。

複数の仮説を立て、それを絞り込むために必要なことを考える。

こうして仮説を検証しながら、真因に迫っていく。

人はこうして真因を追究していくことで成長するということでした。

技術者も真因を追求できるようになってはじめて一人前なのだそう
です。

モノづくりだけ出来る人のことを技術者とは言わない。

現役時代は、刑事コロンボなどの映画を部下に観せて、仮説立案の
勉強をしてもらっていたそうです。

最後に、人は時間を超えてつながっているということを教えてくだ
さいました。

ノーベル賞を受賞した山中教授も、

「自分の研究は、先人が積み重ねてきたものに、少しだけ付加した
 もの」

と語っていたようです。

どんな仕事でも、

「先人(前任者など)を称え、後輩に希望と勇気を与える」

こういった心構えが必要なのだと教えてもらいました。

技術者である前に、一人前の人間になる。

こういったことをもっともっと拡げていくことが日本を元気にする
こと、若手技術者を元気にすることだと熱く語ってくれました。

「高橋さんには、ここで学んだことをたくさんの人に拡げて欲しい」

と、期待されましたが、正直自信なしです・・・。

稲生さんの体調がだいぶ良くなってきているようなので、また一緒に
仕事ができそうです。





人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :

脱幼児性と画一性

2013-01-31
今年の1月1日付の産業経済新聞の「正論」というコーナーの記事が気に入って
いて、度々読み返しています。

筆者は作家の曽野綾子さん

現在の日本人は本質的に優秀な人々なのに、見るも無残に幼児性に冒されている。
もともと日本人は知能も道徳性も高い人たちなのに、どうして幼児性に冒されて
いるのか?

曽野さんの言う幼児性というのは、

「一ついいことをしようと思うと、必ず関連して不都合と苦悩が出てくる。そうし
 た矛盾がわからないことを幼児化という」

ことなのだそうです。

例えで取り上げているのが、

「反・卒・脱原発さえ唱えていれば、自分が人権と平和を重んじるいい人間である
 ことの受けたような気になれる」

確かにそういった風潮があるのは確かで、原発は必要だ!などと唱えたら村八分に
されそうな気がします。

韓流ブームをツイッターで批判して仕事を干され、さらには離婚にまで至ってしま
ったという実しやかな噂が流れた○崎あ○いの旦那さんも似たような話ですね。

ちょっと余談が過ぎました・・・。

私も出来ることなら原発に依存しない社会が理想だとは思いますが、

「脱ダム宣言」

「京都議定書」

はどうなるのか?これはなかったことにするのか?電力の安定供給は維持されていく
のか?など考えるべき視点はいくらでも湧いて出てきます。

曽野さんは続けて、

「人生には、完全に善である存在も無ければ、悪そのものという人もいない。この矛
 盾に苦悩し、解決に向かうのが大人の魂であり、勇気というものの証である。」

「皆いい子ではなく、人間はみな平等でもない、という現実を、姿勢を正して教え、
 その解決に向かって働ける勇気のある人をつくらねばならない。その勇気こそが
 個人の運命を想定外に大きく明るく改変しうる力なのである」

「人間も動物も善と悪、賢と愚を合わせ持った存在なのだ。両極端の象徴として神と
 悪魔ができた。この中間に生きる人間の二面性を理解できる日本人をつくれば、
 日本は必ず精神的に国家になるだろう」

最近、「いい会社」という言葉がいたるところで使われていますが、私にとっての
「いい会社」は、まさに曽野さんのイメージとピッタリなんです。

少し前のことですが、ある人から、

「高橋さんは、どこの会社がいい会社だと思ってるんですが?」

という質問を受けたので、

「例えば、○○会社なんかはいい会社だと思うよ」

と答えると、

矢継ぎ早に、この会社にはこんな問題点がある・・・、こんな不満を聞いたことが
ある・・・、という調子でマイナス面を指摘されてしまいました。

マイナス面があるのは当たり前のことなのですが、この質問をしてくれた人にとっ
ては当たり前ではなかったようなのです。

「いい会社」=「問題がない会社、全てにおいて優れた会社」

完璧な会社がいい会社という定義を持っているようでした。

これももしかすると画一性に冒されている症状なのかもしれません。

私は、矛盾、対立、不都合、苦悩と正面から向き合い、新しい次元での解を捻り出す
努力をしている会社のことを「いい会社」と呼んでいます。

風土改革という響きは、どういう訳か、

「解釈する人にとって都合がいいという意味での受動的な環境改善」

例えば、社員が誰一人辞めない会社、というようなニュアンスを期待させてしまうこ
とがあります。

いい会社におけるいい風土は、

「現実と向き合えるたくましさがある」

強い会社、成長できる会社には、たくましい風土が必要なのだと思っています。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




tag :

手を抜かない

2012-09-25
「仕事ばっかりしていて大変ですね」

という言葉をかけてもらうことがあります。

こんな言葉をいただくと、

「大変ですが、楽しんで仕事をしてます」

と返します。

「大変ですね」

の裏側に、

「仕事=嫌なこと」

という意味が隠されているように感じることがあります。

そもそも、楽な仕事というものが存在していると思ったことはなく、
大変なことだからこそ仕事として価値があるのだと思っています。

もう少し言うと、一見簡単なような仕事であっても、それをこなす
だけで終わってしまう人もいれば、もっと価値ある仕事にできない
かと努力する人に分かれるということです。

楽な仕事をしているという人は、ほぼ手抜きをしていると公言して
いるようなものなのかもしれません。

手を抜いて楽に仕事をする習慣を身につけてしまうと、当然のこと
ながら仕事は上手くいきませんし、成果も出ません。

誰かの役に立っているという貢献実感も得られませんし、昨日より
も今日、出来る仕事が増えたというような成長実感も得ることは出
来ないはずです。

楽に仕事をするという手抜きの仕事のために、仕事の中でしか味わ
えない人としての根源的な欲求をみすみす逃してしまう可能性すら
あります。

仕事を楽しむコツは、楽しいと感じられるまで、手抜きをせずに、
価値ある仕事にするための努力をし続ける。

これに尽きると思っています。

なぜなら、自分の努力の範囲なのでやるかやらないかも自分次第
なので、やればやった分だけ必ず自分に返ってくるという高確率
の方法論だからです。

こんなことを言っていると、

「もともと好きな仕事だけしてるからじゃないの」

という話をもらうこともありますが、正直なところ決してそんな
ことはありません。

仕事を振られて、出来るかどうか不安なことも多いですし、どう
しても最初はモチベチーションが上がらないこともあります。

どうしても、

「好きな仕事=出来る仕事、得意な仕事」

という構図で私自身も無意識に捉えてしまうことがあります。

簡単には出来そうにない仕事、不得意な仕事を積極的に、しかも
自発的に取り込むことはなかなか難しいことです。

しかし、ここに大きなチャンスがあることも確かです。

仕事を通じて自分を成長させていけるチャンスなのです。

出来ないことも出来るようになるかもしれませんし、不得意なこと
も克服できるのかもしれません。

基本的には、仕事というものは自発的に自らつくるものだと思って
いますが、時には他人から振られた仕事に全力を尽くすことも大事
だと思っています。

最初は意図しなかった振られた仕事でも、魂を相手に預けたままに
せず、仕事に自分の魂を入れていくことができれば、立派な自発的
仕事になるはずです。


どんな仕事でも手を抜かずに努力すれば、楽しく仕事ができる。

自分のために仕事をするってこういうことかと思っています。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。