スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

脱幼児性と画一性

2013-01-31
今年の1月1日付の産業経済新聞の「正論」というコーナーの記事が気に入って
いて、度々読み返しています。

筆者は作家の曽野綾子さん

現在の日本人は本質的に優秀な人々なのに、見るも無残に幼児性に冒されている。
もともと日本人は知能も道徳性も高い人たちなのに、どうして幼児性に冒されて
いるのか?

曽野さんの言う幼児性というのは、

「一ついいことをしようと思うと、必ず関連して不都合と苦悩が出てくる。そうし
 た矛盾がわからないことを幼児化という」

ことなのだそうです。

例えで取り上げているのが、

「反・卒・脱原発さえ唱えていれば、自分が人権と平和を重んじるいい人間である
 ことの受けたような気になれる」

確かにそういった風潮があるのは確かで、原発は必要だ!などと唱えたら村八分に
されそうな気がします。

韓流ブームをツイッターで批判して仕事を干され、さらには離婚にまで至ってしま
ったという実しやかな噂が流れた○崎あ○いの旦那さんも似たような話ですね。

ちょっと余談が過ぎました・・・。

私も出来ることなら原発に依存しない社会が理想だとは思いますが、

「脱ダム宣言」

「京都議定書」

はどうなるのか?これはなかったことにするのか?電力の安定供給は維持されていく
のか?など考えるべき視点はいくらでも湧いて出てきます。

曽野さんは続けて、

「人生には、完全に善である存在も無ければ、悪そのものという人もいない。この矛
 盾に苦悩し、解決に向かうのが大人の魂であり、勇気というものの証である。」

「皆いい子ではなく、人間はみな平等でもない、という現実を、姿勢を正して教え、
 その解決に向かって働ける勇気のある人をつくらねばならない。その勇気こそが
 個人の運命を想定外に大きく明るく改変しうる力なのである」

「人間も動物も善と悪、賢と愚を合わせ持った存在なのだ。両極端の象徴として神と
 悪魔ができた。この中間に生きる人間の二面性を理解できる日本人をつくれば、
 日本は必ず精神的に国家になるだろう」

最近、「いい会社」という言葉がいたるところで使われていますが、私にとっての
「いい会社」は、まさに曽野さんのイメージとピッタリなんです。

少し前のことですが、ある人から、

「高橋さんは、どこの会社がいい会社だと思ってるんですが?」

という質問を受けたので、

「例えば、○○会社なんかはいい会社だと思うよ」

と答えると、

矢継ぎ早に、この会社にはこんな問題点がある・・・、こんな不満を聞いたことが
ある・・・、という調子でマイナス面を指摘されてしまいました。

マイナス面があるのは当たり前のことなのですが、この質問をしてくれた人にとっ
ては当たり前ではなかったようなのです。

「いい会社」=「問題がない会社、全てにおいて優れた会社」

完璧な会社がいい会社という定義を持っているようでした。

これももしかすると画一性に冒されている症状なのかもしれません。

私は、矛盾、対立、不都合、苦悩と正面から向き合い、新しい次元での解を捻り出す
努力をしている会社のことを「いい会社」と呼んでいます。

風土改革という響きは、どういう訳か、

「解釈する人にとって都合がいいという意味での受動的な環境改善」

例えば、社員が誰一人辞めない会社、というようなニュアンスを期待させてしまうこ
とがあります。

いい会社におけるいい風土は、

「現実と向き合えるたくましさがある」

強い会社、成長できる会社には、たくましい風土が必要なのだと思っています。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。