スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

後継起業家

2013-03-28
第二回目 後継起業家セミナーが開催されました。

『後継起業家フォーラム ホームページ』

スコラ・コンサルトのYさんが必死で創った新しいチャネルでの新サービスだけ
あって、何もかもが新鮮なセミナーでした。

IMG_0680_convert_20130328005056.jpg

受付も学生さんが担ってくれました。

彼らも後継起業家候補の学生さんなのだそうです。

今時の若者って、ひとくくりで扱うには申し訳ないほどしっかりしていて、
受付が華やいだ雰囲気になりました。

IMG_1440_convert_20130328005112.jpg

参加者は30名、学生さんも最も多く、親子で参加してくらた方も数組いら
っしゃいました。

IMG_8544_convert_20130328005142.jpg

セミナーの前半は、スコラ・コンサルトのYさんが自分の体験談や生き方
を題材に後継起業家というコンセプトを堂々と語ってくれました。

途中、参加者との間で交わされたやり取りが実に興味深いものでした。

「後継者のイメージは?」

・守り
・選べない

「起業家のイメージは?」

・やりたいこと
・行動力

圧倒的に、起業家のイメージの方がポジティブです。

そもそも、後継者と起業家は違うのでしょうか?

Yさん曰く、同じ!

ただ、後継者のタイプが違うだけだと言うんです。

・後継者1.0 そのまま家業を継ぐ

・後継者2.0 家業にマネジメントを導入する

・後継者3.0 起業家として継ぐ

後継起業家というのは、後継者3.0を目指した考え方ということになります。

IMG_5721_convert_20130328005127.jpg

そして、今回のゲストスピーカーは、超がつくほど豪華でした。

株式会社 生活の木 代表取締役社長 重永忠さんです。

『生活の木 ホームページ』

生活の木は、ハーブとアロマを日本の生活習慣に拡げたパイオニアとしても
有名ですね。

重永さん自信は、三代目の経営者らしく、自分のような経営者のことを

「後継創業者」

と定義されていました。

意味は、後継起業家と全く同義です。

重永さんの会社の初代は写真館、二代目は陶器屋さん、三代目が重永さんで
ハーブとアロマになります。

同じ事業を引き継いでここまで来たのではなく、創業繰り返しながら継承し
てきた会社ということで、後継創業者という考え方に至ったのだそうです。

重永さんの講演は実に学びの宝庫でしたので、私の心に響いた言葉をいくつ
か紹介します。

・人生理念=経営理念 だから幸せだし、無理が無い公私一体

・経営とは、自分の思い・企業の思い・社会の思い、という三者の共感づくり

・企業哲学=生き方

・夢は、誰と一緒に叶えたいかがはっきりした分だけ実現に近づく

・自業(事業)と志事(仕事)

・人類みんな後継者 顔晴る(頑張る)しかない

・人生を通じての最終目標は、自らの生き方を通じて社会に貢献すること

・事業を通じての最終目標は、社会をより良くする、社会変革をもたらすこと

・脳が活性化するのは、強みを伸ばした時ではなく、弱みを克服したとき

・意志を投げれば人波が拡がる

・袖すり合う縁をいい縁としていくこと

実は今日の参加者に、私が良く知る経営者の方の御子息がいました。

「父親の経営に関する考え方は、講演を聞いて知っているが、他の会社の経営者
 の話を聞いたのははじめてだった」

そうですよね、学生さんにとっては新鮮ですよね。

学生の時からでも継承に関して考えることは決して早すぎるわけではありません。

30名の参加者の方もそうですし、今回のゲストスピーカーを担ってくれた生活の
木の重永さんもそうですが、後継起業家というコンセプトに共感してくれた方々
です。

まさに、意思を投げれば人波が拡がる、好例を見せてもらいました。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!





スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。