スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

個とチームワーク

2013-11-21
IMG_5116_convert_20131121212528.jpg


「黒子のバスケ」

という漫画をご存知でしょうか?

週刊少年ジャンプに連載されていて、コミックは現時点で24巻まで発行されています。

驚くべきことに累計2,300万部という大ヒット作品です。

先日、この漫画のある評判を聞いて全巻大人買い、休日に読破してしまいました。

スポーツを題材にしていますので、多くのスポーツ漫画と同様に、

「チームワーク」

が中心テーマになっています。

???????

なぜ売れてるのか?

今までのスポーツ漫画にありがちなチームワークとは少し違った角度でチームワーク
を取り上げています。

例えば、協力する。

こういう考え方はほとんど扱われていません。

骨子は、個の確立。

「えっ???」

チームワークと個の確立は、違った概念だし、むしろ対立概念にあるのでは?

と感じる方も多いのではないかと思います。

漫画の大ヒット→購買の中心は若者→若者に共感を呼んでいる。

こういう構図で観た方が面白さが深まるような気がしています。

個の確立の先に、最高のチームワークがある。

こういう考え方を若者は望んでいるのかもしれません。

「チームのために個がある」

もう少し言うと、

「会社のために個がある」

という考え方には拒否感を抱く若者が少なくないようです。

以前のように終身雇用が保障されているわけでもありませんし、会社が個を
守りきれる世の中ではありませんから当然のこととも言えるのではないかと
思っています。

若者なりに真剣に生きていこうと向き合った結果が、

「個の確立」

なのだと思います。

先ずは、自分がプロとして一人立ちできる力を身につけることが先決。

その後に、プロ同士が切磋琢磨して最高の成果を目指していく。

こういう理想像があるのかもしれません。

超高齢化社会に生きる若者がどれだけの価値を創造できるか。

国力を左右するほどの大事な論点です。

今の現役世代よりも1.5倍~2倍もの価値(付加価値)を期待されている世代を
応援して活かしてあげたい。

黒子のバスケは、実は、大人もかなり読んでいるらしいのです。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!





スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。