スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

経営者オフサイトミーティング

2011-10-12
今日は、約2ヶ月に一度開催している

経営者オフサイトミーティングでした。

冒頭、スコラのNさんからみなさんへのご挨拶。

まもなく新刊が出版されるのです。

タイトルは、「経営チーム改革」。

著者の想いを語ってくれました。

そして、次は本日のメインイベントの1つ、T社のA社長がご自身の
風土改革をプレゼンテーションしていただきました。

A社長、本当にありがとうございました。

風土改革の目的は、「日常的に社員の笑顔を見ること」と、話して
いただきました。

この言葉、単に笑顔が見れればいいというわけではないのでしょう。

A社長の話では、

「もともと受注生産型のうちの会社の社員は自主的なんだ」

こういうことを認められるA社長は本当にすごいと思いました。

普通は、足りないことを見つけて、否定的な表現で現実を語ってし
しまうことの方が多いように感じています。

もともと自主的なんだから、今以上にイキイキと仕事が出来れば、
業績も上がる。

こんなことをスラッと、言いきれてしまう。

これが、A社長の考え方で、笑顔と業績はつながっているんですね。

A社長は、自分の考え方や仮説がしっかりとされているので、
やることがシンプルですね。

「笑顔を増やす」

その後、3グループに分かれてオフサイトミーティングを行いまし
た。


メンバーは、社長(代表者)4名、幹部2名、リーダー1名、という
異質な組み合わせ。

どうして、経営者オフサイトミーティングなのに、経営者以外の
人が参加しているの?

という声も聞かれそうですが、経営者が自社の社員をゲストで連れ
てくる。

こんなことが、恒例になっています。

場の中では、異質なものが組み合わされることで、不安定な状態が
起こりやすくなり、そこから新しい気付きが生まれる場合がありま
す。

例えば、ある社員の方が他社の経営者の前で、自社の悩みを話す。

経営者側としては、他社の社員の話なので、ある意味素直に聞き
やすい。

素直に聞けるので、自社ではどうなのだろうか?と振り返りやす
くなる。

こんなことも経営者オフサイトミーティングの面白いところです。

今回のオフサイトミーティング、とても興味深い場面がありました。

いつも仲良しのA社長とI社長。

風土改革の目的も、

「社員の笑顔や社員の成長」と、共通点がたくさんあります。

ところが、いざやり方となると、正反対というかまるで違います。

それでも、いくつか共通点があるようにも感じます。

・他者への純粋な愛情
・風土改革というものを自分の言葉で語れる(=考え方、哲学)
・この考え方をブラさずに徹底している

お二人とも、7~10年、風土改革を実践しつけている猛者です。

続けてきたことで新しい風土を生み出している。

こう考えると、上記の3つの点などは、風土改革の成功のポイント
なのではなく、継続してやり続けていくための大事なポイントの
ように見えてきます。

今日もたくさんの学びをいただいてしまいました。

みなさま、本当にありがとうございます。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/101-b268a5cc

  • 風土改革の目的[ユニークなケミカルカンパニー]
    今日は、経営者オフサイトミーティングでした。 メンバーは少しずつ増えていて、再び参加されるようになった方もいるので、 また新しい知恵や気づきが得られそうな予感。 冒頭で
[2011/10/14 01:35]
  • それぞれ[磯輪日記]
    スコラさんの経営オフサイトでした。 今回は、天竜精機のacbさんがミニ講演を引き受けてくれ、先月実施した 自社の成果発表会の様子を語ってくれました。 acbさんの風土改革の目
[2011/10/14 08:10]
  • やっぱり風土改革、やらないと(笑)[東京日記]
    久しぶりにスコラさんの経営者オフサイトミーティングに参加しました。今回のテーマは「なんのための風土改革なのか」。かなり直球なテーマですが、自分のように社内風土改革初級で...
[2011/10/14 10:12]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。