スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

シンガポールからのフィードバック

2011-11-08
先日、シンガポールのスコラ・コンサルトのパートナーでもある、

PrimeBusinessConsultancyの川村さんとシンガポールから見える
日本に関して、話を聞く機会がありました。

最近でこそ、環境認識の高まりがあって、日本の白物家電が見直され
ているようですが、苦戦の状況は変わらないようです。

「コンパクト、高品質、高機能」

などに代表されるジャパン品質は、ほとんど通用していない状況なの
だそうです。

シンガポールの生活スタイルに合っていないことが原因のようです。

シンガポールは、日本と違って、住居のほとんどが100平米以上、
しかも共稼ぎがほとんどなので、冷蔵庫は大きくて大収納が使いやす
い。

コンパクトな日本製の冷蔵庫は、日本国内では通用しても、海外では
苦戦するのも理解できます。

きっと、海外の担当者から国内にフィードバックされているのだと思
います。

それでも、結果が変わらない、変わってもスピードが遅い。

例えば、韓国などと比べると、明らかにグローバルでのビジネス展開
の考え方が違うように感じます。

もともと、世界で売ることを前提としている韓国。

ある意味、恵まれた国内市場を有し、そこでの成功を世界に広げてい
こうとする日本。

川村さんに、

「最近の日本を観て、感じることは何ですか?」

と質問したところ、

「大人になっても携帯の絵文字を使っている」

「祝日に日本の国旗を掲げない家がほとんど」

自信、誇り、愛国心が薄れているような感覚を受け、とても心配され
ていました。

川村さん曰く、どこの国でも成功できる人材は、

・アイデンティティー
・違いを認め受け入れられること
・自分の考えを発信できること

グローバルという言葉が最近よく使われるようになっています。

もしかすると、日本がグローバルではないから使う言葉なのであって、
グローバルが当たり前の世界では意識的に使われることのないような
言葉なのかもしれないと感じるようになりました。

新聞、報道、雑誌など、様々なメディアを通じて、今回のような日本の
状況を知ってはいましたが、直接、話を聞くと、ショックを受けずには
いられませんでした。

来年早々には、スコラ・コンサルトのオフィスをシンガポールに開設す
る予定です。

アジアの情報のハブでもある、シンガポールから日本国内に情報をしっ
かりとフィードバックし、考えていく材料にしていきたいと思っていま
す。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:
高幡さん こんにちは
日本には1億2千万の人口があって
国内で生きていけましたからね。
[2011/11/13 09:26] | acb #- | [edit]
acbさん

こんにちは。

国内市場がいがいに大きい。

外に目を向けづらい一因ですね。

外から、たくさん買いに来てくれる日本をなんとか
つくれないものかと・・・、考えたりしています。
[2011/11/13 19:58] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/121-91d98e19

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。