スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

誰よりも努力できる人

2011-11-24
「わたしたちは無知によって道に迷うことはない。

 自分が知っていると信ずることによって迷うのだ。」

(ジャン=ジャック・ルソー Jean-Jacques Rousseau)

これは、私の好きの言葉の一つです。

スコラ・コンサルトの最寄り駅の五反田駅は、数年の工事期間を
経て、今は出口の間近に「ユニクロ」があったりと、とてもきれ
いになりました。

この工事は主に夜間に行われたのですが、この現場近くに信号機
がありました。

仕事で夜遅くなって駅に向かうと、車通りが少なくなっているた
めか、信号無視が当たり前のようになっていました。

すると、工事現場から、

「赤信号、渡っても構いませんが、後ろから渡ってくる人の人生
 まで責任持てますか・・・」

という言葉が響いてきます。

よく見てみると、工事現場の警備員さんが拡声器を使って呼びか
けています。

「お仕事お疲れ様です」

とか、

「寒くなってきました」

とか、

「酒を飲んでも飲まれるな、帰宅するまでがお仕事です」

など、通行人にさりげなく声をかけているのです。

不思議とこの警備員さんに接すると、疲れるがとれるというか、
人のやさしさに触れられた心地よさを実感できていました。

この信号機を渡る瞬間だけは、いつも眉間にしわを寄せている
気難しい顔のサラリーマンも表情が緩んでしまう。

こんな和やかな空間が局地的につくられていました。

この工事現場には、他にも警備員さんがいるのですが、こんな
ことをしているのは1人だけです。

ある意味、やらなくてもいい仕事をしている人とも言えます。

それでも、この人はやり続けていました。

当然のことながら、他の警備員さんの顔を思いだすことはあり
ませんが、声をかけてくれる警備員さんの顔だけは、今でも
鮮明に思いだすことが出来ます。

私がこの警備員さんから教わったことは、

「どんな人でもやればできることを、どんな人にも出来ないく
 らい努力し続けること」

これが差別化、優位性を生み出していく。

特別なことをしていくのではなくて、特別なことと感じられる
までやっていくこと。

誰にでも勝てるチャンスがある。

やるか、やらないだけの世界。

凡人の私にとっては、とても勇気づけられる気付きでした。

継続は力なり!

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
沖縄教育出版の エレベーター入り口にも書いてありました。

できないのではない しないだけである
何事もできるできないを基準にするのではなく
やるかやらないかを基準にする。

あまりの意見の一致にしっかり記憶しちゃっています。

いいことだなぁ・・・とおもったら実行する そういう人でありたいと思います。

ポチッ!
[2011/11/25 10:14] | acb #- | [edit]
acbさん

やるかやらないかを基準にする。

これいいですね。

沖縄教育出版、恐るべしです。
[2011/11/27 22:52] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/131-43c966d0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。