スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

270円

2011-12-12
IMG_7752_convert_20111211231658.jpg

先日、I社のKさんが東京に出張できているということで、仕事帰りに
渋谷で合流して居酒屋さんに飲みに行きました。

Kさんは、I社さんで一番のセレブリティーなのですが、たまには庶民
的なお店もいいだろうということで、渋谷でも最安値の居酒屋さんに招
待してみました。

渋谷には低価格の均一価格をうたった居酒屋さんが乱立しています。

株式会社イターナルサービスの「じゃんぼ焼鳥 鳥貴族」(280円均一)

株式会社三光マーケティングフーズの「金の蔵Jr」(270円均一)

ワタミ株式会社の「仰天酒場 和っしょい2」(250円均一)

私自身、こういった低価格業態の居酒屋さんに行くのははじめてのこと
でした。

「安かろう、まずかろう」

というイメージがどうしても強かったからです。

Kさんと、店内に入ると、雨の日の平日だったにも関わらず、店内はた
くさんのお客様で賑わっていました。

IMG_6828_convert_20111211231636.jpg

お通しの枝豆もたっぷりと出てきます。

シーザーサラダは、「うまい棒 チーズ味」を砕いていれるようになっ
ていて、これが意外と美味でした。

270円でこれだけのものが食べられるとは、正直なところ驚きでした。

次にオーダーしたのは、ウニの軍艦巻き。

IMG_5600_convert_20111211231553.jpg

見た目は・・・ですが、食べてみると意外と美味しい。

そこらへんの回転ずしよりは、美味しいような気がしました。

このウニの軍艦巻きの見た目、どうして悪いのかと言うと、最初に具な
しのノリ巻きをつくってから一口大にカット、その上にウニを乗せると
いうつくり方が想像できます。

通常の軍艦巻きのつくり方では、手間がかかる。

こういった些細なオペレーションの工夫によって低格を実現していって
いるだと感じました。

270円に値下げしたのか?

270円でも利益がでる店づくりをしているのか?

この違いはとても大きく、大事な考え方の違いです。

こういった低格均一の居酒屋さんへの好みは大きく分かれると思います。

私自身、何度もリピートしたいと思うのか?と言われればNOです。

しかし、お店はいつも大繁盛です。

ある一定のお客様からしっかりと支持されているのだと思います。

ある一定のお客様というのは、

「サイフに余裕はないが、たくさんお酒を飲みたい人」

飲み物も低格の均一で、しかもお料理も低価格の均一。

何よりも安心して注文できる、そして会計を容易に想像できる。

「売り手視点の4P」

・製品(Product)
・価格(Price)
・流通(Place)
・プロモーション(Promotion)

「買い手視点の4C」

・問題解決(Customer Solution)
・コスト(Customer Cost)
・利便性(Customer Convenience)
・コミュニケーション(Customer Comunication)

・少ない財布の味方
・予算内で注文できる
・繁華街に立地、タッチパネル式の注文システム
・均一価格での安心感と話題性

ちょっといい加減な分析ですが、お客様の理にかなった店づくりが
伺えます。

会社側の論理で経営するだけではなく、お客様側の論理を組み立て
て経営する。

4Pと4Cの両面で観てみると、新しい発見がたくさん見つかるの
かもしれません。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/137-ea391289

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。