スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

オフサイトミーティング活用セミナー

2011-12-15
久しぶりにオフサイトミーティング活用セミナーを担当させて
もらいました。

セミナー紹介ホームページ

セミナーの前の時間は、「オフサイトミーティング体験の場」も
担当させてもらいました。

オフサイトミーティング体験の場 紹介ホームページ

この二つの場にそれぞれ20名以上のお客様に参加いただきました。

師走のお忙しい時期にも関わらず、本当にありがとうございました。

お客様の参加動機は、

「上司に言われたので、参加しました」

「自分で進めているが、行き詰まりのヒントをもらいたい」

「新しい研修のヒントを探している」

「オフサイトミーティングの進め方を学びたい」

「風土改革に関心がある」

などなど、実に様々です。

それでも、オフサイトミーティング体験の場では、お互いに意見を
交わし合う、お互いに質問を交わし合う。

はじめて相対する人たちであっても関わり合う風景が随所に見られ
ました。

所属する会社、職務上の立場、参加の動機は違います。

強いて共通項をあげるのであれば、

「オフサイトミーティングに関心を持っていること」

「自分たちの会社や職場を良くしていきたいという想いがあること」

こういったことだけでもオフサイトミーティングは十分に成立して
しまうのです。

同じ会社や職場の中であれば、これ以上の共通項を見出すことは容易
なはずです。

ただ、近い関係だからこそ、違いが大きくクローズアップされ、共通
項を覆い隠してしまう。

これも一つの現状なのかもしれません。

違いよりも、共通項を観ていければ、互いの関心は深まり、関わり合え
る度合いが高まってくる。

オフサイトミーティングコーディネートのポイントがここにあると思っ
ています。

オフサイトミーティング活用セミナーでは、たくさんの質問をいただき
ました。

「上司にオフサイトミーティング導入の理解を得るにはどうしたらいい
 のか?」

「費用対効果を教えて欲しい」

「意見を出しやすくするにはどうしたらいいのか」

「失敗するポイントはあるのか」

「仲間を増やすにはどうしたらいいのか」

真剣だからこそ疑問に感じる、貴重な質問ばかりでした。

このセミナー終了後に、社内のメンバーと振り返りを約2時間、じっくり
と行いました。

どうしたら、もっと役に立つことが出来るのだろうかと・・・。

そこでの結論は、

「先ずは、オフサイトミーティングの基本をまとめた本を世に送り出
 そう」

ご期待いただければ幸いです。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/139-daaf990b

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。