スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

神戸という街

2011-12-19
土曜日と日曜日にかけて、神戸在住のスコラ・コンサルトのMさんと
今後の事業に関しての打ち合わせを行いました。

打ち合わせ場所は、Mさんの本拠地の神戸です。

Mさん曰く、

「神戸に永く住んでいると、物事を立体的に観る癖がつく」

これを証明すべく、ある場所に打ち合わせ前に連れて行ってもらいま
した。

IMG_4376_convert_20111219234555.jpg

写真撮影の腕前が悪く申し訳ありませんが、新神戸駅隣接の

「神戸布引ロープウェイ」

に乗って、終点の広場から神戸の海を眺めた写真です。

なるほど、神戸は平地が少なく、まさに「猫の額」のような土地がわず
かに広がっています。

冬の澄みきった空気のせいもあり、遠くは紀伊半島を望むことができま
す。

眼下には、神戸港、その先には、神戸空港、さらにその先には、関西国
際空港が見渡せます。

左に視線を移すと西宮、そして大阪の街も見渡すことができます。

コンパクトな視界の中に、これだけ広い世界を取り込むことが日常的に
できる。

これが、Mさんが、ものごとを立体的に捉える事が出来るという理由な
のだそうです。

確かに・・・、

東京では、見上げても目の前には大きなビルがそびえ立ち、視界は決し
て広くはありません。

妙に納得してしまうMさんの言葉でした。

神戸に来たついでということで、どうしても一度、観てみたかったとこ
ろに足を伸ばしました。

IMG_6050_convert_20111219234609.jpg

ここが何処かわかりますか?

海の先にある島は、淡路島です。

「明石海峡大橋」

の真下から眺めた写真です。

どうして、観に行きたかったのかというと、明石海峡大橋は、

全長3,911m、中央支間1,991mで世界最長の吊り橋なのです。

土木工学出身の私としては、たまらない作品なのです。

なんと、主塔の高さは海面上298.3mであって、構造物としては、
東京スカイツリー、東京タワーに次ぐ高さを誇っています。

日本の技術の高さを実感できますね。

こんなことばかり書いていると、観光に神戸に行ったような誤解を受け
そうですが、打ち合わせも無事済ませました。

Mさんは、行政向けの風土改革コンサルティングに長年力を注いできま
した。

その甲斐もあって、最近は事業仕分けや政策委員など、難易度の高い仕
事が指名で入るようになりました。

この事業をより後押しすべく、まだまだ案の段階ですが、スコラ・コン
サルト内部に新たな組織を新設しようと検討しています。

「行政経営デザイン研究所」

云々悩んだ末に出てきた案です。

早ければ、新年早々には立ち上げの予定です。

みなさまの応援をよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/140-4fa01086

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。