スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

佐吉電池

2012-01-16
みなさまは、

「佐吉電池」

というものをご存知でしょうか?

今日、スコラ・コンサルトの創業期からお付き合いのある、Kさんと
仕事をご一緒する機会があって、雑談の中で教えてくれました。

「佐吉電池」の関連記事

佐吉電池というのは、トヨタの創始者である豊田佐吉が1925年に、電気
で自動車を動かすという構想を描いて開発を公募したものだそうです。

この電池構想の原点は、

「石油にはいつまでも頼れない、日本の豊富な水資源を使えないか」

という思いに端を発したものだそうです。

結果から言うと、まだ実現には至っていないそうですが、トヨタでは構想
を暖め続け、今でも開発を続けているそうです。

ここで興味深いのは、1925年という時代です。

終戦が1945年、T型フォードは1907年、クライスラーの設立と日本フォー
ド社の設立が1925年です。

今では電気自動車は当たり前のものになりつつありますが、本格的に自動車
が普及する以前から電気自動車に着目していた豊田佐吉の世界観には驚くば
かりです。

もう一つ興味深いのが、トヨタではこの構想を受け継いできたということ。

出来る出来ないの次元ではなく、大きな構想や目標を掲げ、少しずつ近づい
ていこうとする。

トヨタの体質とも言えるようなものが、この当時からはじまっていたのかの
ようにも見えます。

記事を読んでみると、完成は2030年頃になるということ。

足かけ、100年の開発。

100年経営という言葉もありますが、

「100年夢を追い続ける」

なんともロマンを感じる話ですね。

100年存続し続けるということよりも、100年夢を追い続ける。

こちらの方が企業の目的としては、魅力的なのではと感じた話でした。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/152-791e59f7

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。