スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

やらされ感

2012-01-17
「やらされ感」

スコラ・コンサルトのMさんの2冊目の出版予定の目次を共有していた
時に目に付いた言葉です。

一般語に近い言葉になっているのか、最近では堂々と使っている人が
多くなっているような気がします。

Mさんに、

「このやらされ感というのはどういう意味で使っているのですか?」

と聞いてみると、

「やりたいことを持っている人が、違ったことをやらなければならない
 状態」

という意味で使っているということでした。

要は、意にそわない仕事をしているということでしょうか。

そこで、考えてしまったのは、

「やりたいことを持っていない人はどうなるの?」

感覚的には、やりたいことを持っていない人も「やらされ感」という言葉
を使っているような印象があります。

こんな疑問をMさんにぶつけてみると、

「それは、ただの言い訳だったり、逃げじゃない」

とバッサリ。(もう少し優しい表現だったような気もしますが・・・)

やりたことを持ちえない中で、仕事が与えられる。

むしろ仕事があるということを感謝すべきなのではと思ったりもします。

「やらされ感」

改革などの場面では、主体的な行動や実践への弊害として除去すべき事項と
して扱われることも多い現象です。

現実的にやらされ感が蔓延した状態では、改革も画餅に終わることもあるの
かもしれません。

だから、

「やらされ感を何とかしなければ!」

ということよりも、私はやらされ感を持っている人を見るたびに、

「もったいない」

という思いを抱いてしまいます。

どんな仕事でも、そこから学びとることは出来るので、結果的には損にはなら
ない。

また、やらされ感という感情にいたったときに、
「自分のやりたかったことは何なのか」
と自らに問うことはあるのだろうか?

ないのなら、今度こそは自分の意を持ってその仕事に取組んで
みてもいいのではないか、と思ったりします。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:
> 「それは、ただの言い訳だったり、逃げじゃない」

> また、やらされ感という感情にいたったときに、
> 「自分のやりたかったことは何なのか」
> と自らに問うことはあるのだろうか?

これらの下り、ドキッとしました。

言い訳、逃げ → やらされ感 → 主体性

こういう定義ができるMさん、そしてそれに対してこういう問いが
できる高橋さん、どちらも素晴らしいです。

いや~、参りました。

[2012/01/19 21:09] | 磯輪 #- | [edit]
磯輪さん

ちょっと厳しい感じになってしまいましたが、
こちらのほうが愛情たっぷりかと思って書いて
みました。
[2012/01/19 23:05] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/153-d72cd7c1

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。