スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ノンアルコールビール

2012-02-26
IMG_5456_convert_20120226214039.jpg

いつも行っているスーパーに買い物に行くと、

「どっカーン」

とアサヒのノンアルコールビールが積み上げられていていました。

「DRY ZERO」

のキャンペーンです。

ビール系のノンアルコール飲料は、だいぶ前からあったにはあった
のですが、2009年4月に発売された、

「KIRIN FREE」

によって大きな市場へと成長していったことは有名な話しですね。

以前のノンアルコールビールは、

「お酒が飲めない人のための飲みモノ」

でしたが、KIRIN FREEは、

「ビール好きの人のための飲みモノ」

ということで、顧客定義のパラダイム転換を図って市場に投入され
ました。

ビールが好きでも、飲めない人、例えば妊婦さんや運転を控えてい
る人などがイメージです。

こういった人たちがお客様ですから、味は出来る限りビールに似せ
る努力を行ったそうです。

今までは、妊婦さんも、運転手さんも我慢するしかなかった。

我慢している人に、堂々とビール(に近い飲みモノ)を飲んで欲し
い、というのが開発者の想いだったそうです。

この開発の裏側には、2006年に起きた福岡県の飲酒運転事故があっ
たそうです。

酒類メーカーは、飲酒運転と戦ってきたため、例えノンアルコール
であっても、積極的に勧めることを控えてきた歴史だったそうです
が、KIRIN社内の賛否を乗り越えて、堂々と運転手にも勧める
ことが、酒類メーカーの本当社会貢献だということに落ち着いたと
いうことでした。

このノンアルコールビール市場は、ビール業界でも大きな成長市場
になっています。

後発のサントリーのオールフリーは、KIRINのFREEを逆転、
アサヒのDRY ZEROの参入で競争は激化していくことが予想
されていますが、ちょっとだけ疑問に感じたのは、

・なぜ、アサヒは出遅れたのか?
・スーパードライに似せたパッケージは少し行きすぎかも・・・。

飲酒運転撲滅を使命として、市場を開拓してきた経緯があるノンアル
コールビール市場の中で、ビールと酷似したデザインは、誤飲につな
がるのではという声が、他社や市民団体から寄せられているようです。

健全な競争は結構なことですが、行き過ぎた競争によって、市場が
荒れて、もともとの使命感が損なわれてしまわないことを祈るばかり
です。


スパードライ依存度が高かったアサヒは、スパードライへの影響を
意識しすぎて、開発が後手後手に回った。(あくまでも想像です)

「スパードライが売れなくなったらどうするんだ」

という営業の声があったかどうかは定かではありませんが・・・。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/173-8b7fcc87

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。