スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

創発の場

2012-02-28
IMG_4832_convert_20120229003431.jpg

この立派な船盛り、神奈川県西部のとある温泉地でいただいた昨夜の
夕食です。

仕事を休んで、温泉でゆっくりした・・・というわけではなく、とあ
る企業の研修所で行った合宿研修の夕食でした。

仕事柄、企業の研修所に宿泊する機会が多いのですが、さすがに船盛り
は初めてのことだったので、思わず我を忘れるほどお腹一杯いただいて
しまいました。

船盛りの話をしたかったわけではなく・・・。

この研修は、グループ会社20社程度を含めたリーダー(30代半ば)向け
に一泊二日の日程で開催された、

「新しい価値提供を考える未来創発研修」

でした。

参加者約30名、ほとんどが推薦を受けて参加してきた、各社選りすぐり
のリーダーたちでした。

研修の流れを簡単に紹介すると、

≪1日目≫
・各社の強みをあぶり出す
・各社のお客様の潜在ニーズを洞察する

≪2日目≫
・ニーズを絞り込む
・ニーズと各社の強みを組みわせて新しい価値を創発する

書いてしまうと、いとも簡単に見えてしまいますが、一泊二日でこの
内容は、ちょっと盛り込みすぎ?と思えるほどでした。

2日日間、新しい価値を創発できるの?

現実的には、難しいですね。

研修の狙いは、価値を創発するプロセスを体験することにありました
ので、

「研修でアウトプットされたものが現実的に、実現可能なのか?」

という点は、考慮しすぎないということを前提に進めていきました。

参加者が全員で約30名ということもあって、3グループに分かれて
進めていきました。

結果はどうだったのかというと、1グループは、参加した誰もが
驚きと共感を得てしまうほどのアウトプットが生み出されました。

実は、3つのグループ毎に進め方を意識的に変えていました。

①とことん強みをあぶり出すことに時間を割いたグループ

②ニーズを洞察することに時間を割いたグループ

③価値提供に時間を割いたグループ

驚きと共感を得たアウトプットを出したグループはどこでしょうか?

答え「①」

②は、ニーズはとても興味深いテーマを選定できたのですが、何で
実現していくのか?という部分に自社の独自性が反映できず、少し
薄さを感じるようなアウトプットになりました。

③は、「どうやって」という手段に重きが置かれてしまい、手段が
目的化してしまうようなアウトプットになりました。

①がどうして、素晴らしいアウトプットにつながったのか?

こればかりは、後解釈でしかありえないのですが、

強みをあぶり出すということで終わらずに、強みを深掘りしていく
ような議論がどうも効果的だったように感じました。

「この強みってそもそも何が本当の強みなの?」

「この強みの意味をもう少し違う角度で観ると何が観える?」

「この強みってどこから生まれたの?」

という感じでどんどん深めてきました。

そうすると、単に「○○技術」と言っていたものが、「○○価値」という
言い方に変化し、価値に置き換えられたことで応用可能性などが不思議
と自然に感じられるようになっていきました。

このプロセスで生み出されたアウトプットは、いい意味での飛躍感を持
ちながらも独自性に裏打ちされた自分たちの存在意義を改めて実感させ
てくれるようなモノになりました。

実は、この会社、創業100年を超えている老舗企業です。

参加者の感想で印象的だったのは、

「当たり前に在ると思っていたモノを深堀したのは初めてでした。
 昔から在るものを古いモノと思っていましたが、とても新しい
 モノに観えてしまいました」

強みを磨く。

当たり前に在るモノに埃を被せていないか、もう一度確かめる価値は
どこの会社にもあるのかもしれませんね。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/174-ff362f94

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。