スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

お金遣い⇒心遣い

2012-02-29
いつものように、五反田駅前の「富士そば」で昼食をしていたとき、
ふと思い出したことがありました。

「10の報酬で10の働きをする人よりも、1の報酬で10の働きをする
 人が偉い人ぞな」

これは、坂の上の雲の一場面で、正岡子規が語った言葉です。

やや極端とも言える考え方なのですが、似たような考え方でお客様
に感動を与えている働き方をしている人たちがいます。

最近の自動車販売会社では、喫茶店顔負けのもてなし振りは珍しい
ことではなくっています。

コーヒーをはじめとするソフトドリンクの充実ぶり。

さらには、お菓子やケーキなどのデザート。

飲食だけの部分だけでも十分に満足感が得られるほどの充実ぶりです。

こういったもてなしをはじめると、当然ながらお客様に喜ばれますの
で、益々もてないしたいという思いが強くなります。

ある会社では、店舗ごとにもてなしの予算がふんだんに分配されてい
たので、全国各地の銘菓と言われるような高級感のある珍しいモノを
取り寄せてお客様に提供していました。

数年、この状態が続いたそうなのですが、ある日、このおもてなしの
ありかたに終止符が打たれる時が訪れました。

きっかけは、店舗の社員Aさんの一言でした。

「いいモノを出すことが本当にお客様の役に立っているだろうか?」

詳しく話を聞いてみると、

店舗で出したお菓子を食べずに持ち返るお客様が意外に多いのだそう
です。

その時は、持ち帰りやすいように紙で包んであげたり、気に入ったら
お客様自身で取り寄せられるように、仕入先の情報なども併せて渡し
ていたということでした。

Aさん曰く、

「家に持ち帰って、子供がとても気に入って、もう少し食べたいとい
 うことになったら、親御さんはきっと何とか取り寄せようとするの
 だと思います。

「その時になって、高級なお菓子だったということがわかったら、
 もしかすると取り寄せを中止してしまうかもしれない」

「そうなったら、お菓子を待ち望んでいる子供に親御さんはどういう
 ふうに止めたことを話すのだろうか」

「きっと、いい気持ちはしないと思う」

この話を機に、全国各地から銘菓を取り寄せてお客様に出すことは
止めたのだそうです。

その代わり、地元でも美味しくお手頃な物を必死に探して出すこと
になりました。

ふんだんにあった予算も自主的に大幅削減に踏み切ったそうです。

この話を聞いて、私はとても感動したことを覚えています。

きっと、お客様のことを大事に想う、この優しい心遣いは、どうい
った形かはわかりませんが、お客様に伝わっていくのだと思います。

お金をふんだんに使うという、

「お金遣い」

よりも、

優しさにあふれた、

「心遣い」

の方が喜びという次元を遥かに超えた感動があるように思えて
なりませんでした。

お金を使えば、喜んではもらえる。とら屋の羊羹でもてなされ
たら喜びますよね。普通は。

お金はそれほど使わずに、相手の視点に立って、持ち帰った後
のことまで考え尽くす心遣い。

感動は心遣いからやってくるのでしょうね。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
偶然にも 今朝のウォーキングで リッツカールトンの制度について考えていたんです。
例の・・・個人の判断で2000ドルまで使っていいというルール

この制度って 社員が経営者感覚を持っていて初めて使える制度だな・・・って
今使うお金が ファンを作り、将来にわたって会社を永続させるのか?・・・とか
お客様に負担感を感じさせない手作り感を出さなくちゃ・・・とかね。

この販売会社では ひょっとすると経営者も気付かない感覚を社員が持っていたのかも
知れませんね。

社員を一人前に扱うってこういうことなんだ。 
いいことだったら経営はちゃんと聞き入れる そんなオープンでフェアな姿勢を
持っていたいものだと感じます

ポチッ!
[2012/03/01 09:05] | acb #- | [edit]
acbさん

偶然ということってあるんですね。

acbさんは散歩。

私は昼食の富士そば。

お金の使い方にきちんとした考え方を持つことが
心遣いなのかもしれないと思っています。

ありがとうございました。
[2012/03/02 10:13] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/175-16f6b04e

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。