スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

購買意欲が増すスーパー

2012-03-27
先日、テレビ東京のカンブリア宮殿で放送された、

「超ニッチのスーパー、北野エース」

に行ってきました。

日曜日、買い物で二子玉川に行っていて、そういえば高島屋SCに
北野エースが入店していることを思い出し、ちょっと覗いてみるこ
とにしました。

先ず、圧倒されたのが品揃えでした。

とにかく品揃えが極端なのです。

IMG_0694_convert_20120326143039.jpg

ドレッシングはゆうに100ラインを超えているように見えます。

参考までに「ライン=幅」「アイテム=深さ」です。

これと同じようにカレーもものすごいラインです。

IMG_5040_convert_20120326144145.jpg

こちらも100ラインを超えているようで、しかも珍しいブック陳列
までされています。

IMG_0908_convert_20120326143920.jpg

さらにこんなものまで・・・、はじめて見た商品です。

ついつい、興味本位で買ってしまいました。

他にも珍しい商品が次々と出現していきます。

IMG_1942_convert_20120326144019.jpg

塩トマト甘納豆、これなんかは庶民の想像を遥かに超える商品
ですよね。

IMG_5424_convert_20120326144228.jpg

これなんかも、カレーうどん+たまご=釜玉カレーうどん、
かなり怪しい感じですが、二袋も買ったしまいました。

このスーパー、買っていただこうとする情熱を感じるのは、
POPにも魂が入っています。

IMG_5384_convert_20120326144207.jpg

月間8万トンの販売実績!と言われてもどれほど凄いのかは
よくわかりませんが、何となく凄そうなのでつい買い物かごへ。

これだけの品揃えだと、どれが売れているのか興味が湧いてきます。

IMG_9642_convert_20120326144456.jpg

ドレッシングコーナーを良く見てみると、

「にんじんドレッシング」

が明らかに売れているように見えます。

こうなると、となりのたまねぎドレッシングも気になってしまい
両方購入してしまいました。

その他にも、にんにく醤油など、はじめてみる商品を次々に買い物
かごに入れてしまい、気付いたら、レジでの精算金額は、

「¥7,150」

今日食べてるために必要なものというよりは、そのうち食べたいもの
だけでこの金額、一歩間違えば無駄遣いに近い買い物になってしまい
ました。

このお店は、生鮮三品(野菜、魚、肉)はほとんど置いていませんの
で、第二のスーパーという位置付けで、かなりニッチな領域に絞り込
まれて印象です。

ここでふと疑問が生じるのは、

「売れ残りの心配はないの?」

例えば、レトルトカレーの膨大な品数、本当に売れるの?誰が買うの?

ここはテレビでも紹介されていましたが、仕入れの仕組みが実に巧妙に
出来ているようです。

仕組みと言っても至って単純で、各店舗に仕入れの権限を完全に委譲し
ているということです。

自分で仕入れたものは、自分で責任を持って買ってもらおうとする。

大手スーパーのように、本部が仕入れて現場が売る、という考え方とは
大きな違いです。

もう一つは、そもそも日持ちの悪いものは取り扱いが少ないので、
廃棄リスクも少ないと思われます。

いずれにせよ、消費者にとって第二のスーパーというニッチ領域に絞り
込み、珍しいものをたくさん揃えて、買い物を楽しんでもらう。

という方向性がしっかりと共有されている印象を強く受けました。

ここが共有されているということは、仕事における判断基準が共有され
ているということだと思います。

だから、現場に仕入れなどの店舗運営が委譲され、現場は自ら考え期待
に応えていくという状態が機能しているのだと思います。

考えるという機能が、お客様との接点に近ければ近いほど、お客様にと
っての魅力が向上する。

こんなことを北野エースさんから教えてもらいました。

人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/187-fce2eccd

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。