スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ヒューマンキャピタル2011 続き

2011-07-08
昨日の続きを書きます。

どうして、5%なの?

全員が変わった方ががいいと思うけど?

お気持ちよくわかります。

全体でやる、全員が変わる。

一見正しく見えますが、そこには落とし穴が見え隠れすのです。

「短所を是正する」

全体思考にとらわれると、短所に目を向けたくなります。

悪いことを正す、苦手なことを克服する、欠点を指摘する。

わかりやすいし、見えやすいだけに、短所をいじりたくなるのが、
人間の性なのでしょう。

「いやいや、短所は是正すべき」という声もありそうです。

本当にそうなのでしょうか?

そんなとき、イメージしてください。

短所を是正した後の姿、

何か得れるものは見えますか?
社員は笑顔はどうですか?
お客様は喜んでいますか?

一銭も儲からない。私も何度か経験したことがあります。

実は、私も加害者になったことがあります。

まずは、5%で確実に変化を起こし続ける。

これは、長所をとことん伸長していく取り組みです。

全体の長所を引き出す、活用する取り組みです。

先週の日経ビジネスの「事業仕掛け人」の特集にあった、
HONDAさんの事例もそうですね。

「開発評価会議」というものを何度も経て車を世に出してきた。

しかし、役員全員が集う、開発評価会議は、

「ダメだし会議」

あれはダメ、これはダメ、ここがいまいち、俺の好みと違う・・・。

社内評価のオンパレード、短所是正の最たるものです。

しかも、車は「丸くなる」個性はいったいどこへ・・・。

さすがは、HONDAさん、これでは「らしさや個性が生まれない」と
気付き、開発の権限のほとんどを現場に委譲するということ。

これぞ、HONDAの長所を生かす、仕事のやり方なのでしょうね。

5%で確実に変化を起こしていく、お客様からの評価は、社内に浸透
する。

そうしていけば、変化をつくりだす人も増えてくる。

その結果、全体も変わってくる。

至って自然な考え方だと思っています。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/19-4413636b

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。