スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

あきんどスシロー

2012-04-22
前々から行ってみたいと思っていたお寿司屋さんに行ってきました。

IMG_6101_convert_20120422181520.jpg

「あきんどスシロー」

以前は、回転寿司の最大手といえば、カッパ・クリエイトの「かっぱ寿司」
でしたが、2010年に首位に躍り出たのが、あきんどスシローでした。

「すし全皿105円均一」

というにわかには信じられない価格設定。

もしかして、安いだけで美味しくないのかも・・・。

という不安がなかったわけではありませんが、市場から評価されているとい
うことは、何かがあるのだと、期待と不安を両方抱いてお店に入りました。

お店に入ると、子供連れの家族で賑わっています。

お寿司屋さんというよりもファミレスに近いのかもしれません。

明らかに、ファミリー層をメイン顧客に設定していることがわかります。

お寿司屋さんといえば、カウンター席というイメージですが、ほとんどの席が
ボックス席ですから、子供連れでも安心して食事ができそうです。

さらには、注文方法もパネル式が中心なので、ワイワイガヤガヤと楽しめそう
な仕組みです。

IMG_3286_convert_20120422181433.jpg

従来の回転ずし屋さんでは、私のような善良な市民だと、すし職人さんが忙し
そうにしていると、どうしても声をかけにくかったりするのですが、この仕組
みであれば、気兼ねなく自分のペースで注文できるのが魅力です。

注文を入れると、自分の席の色(この時は桃色でした)のトレーに乗って、
お寿司がまるで川から流れてきた桃のようにレーンの上を流れてきます。

IMG_4666_convert_20120422181448.jpg

この瞬間がまた楽しい、病みつきになりそうです。

そして、いよいよ味は・・・。

思ったよりも美味しい!

ちょっとシャリの温度が気になってしまいますが、105円という価格であれ
ば、大満足というレンジに入る味だと思いました。

二人でおもいっきり食べて、しかも最後にデザートまで注文して、

「全部で28皿」

お会計は、2,835円!

これには、満足を超えて感動すら覚えてしまいそうでした。

さすがは、成功しているだけの会社だけあって、容易に想像できるのは、

「コスト積み上げの価格差設定」

ではなく、

「市場視点の価格設定」

だということがよくわかります。

市場から喜んでもらえる価格を先に設定して、それでも利潤が得られる
ように、企画、設計、オペレーションを行っている、努力しているのだ
と思います。

あきんどスシローの理念は、

「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯の実現」

ということを掲げています。

これを実現するプロセスは、

「ES(従業員満足)→CS(お客様満足)→会社の成長ということにも
こだわりをもっているのだそうです。

IT化を中心に徹底的な合理化を行っている反面、店内調理など職人の
技にもしっかりとこだわるバランスがいい店づくりという印象を強く持ち
ました。

まさに、あきんどスシローは、

「職商人」

だからこそ、市場からも評価され、お客様からも評価される成長企業なの
だと思います。

子供が誕生したら、もっと楽しめそうな店だと、今から期待しています。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
スシローさんには、塗装した枠材を納めていたので親しみがあります。

九州にできた店にも納入しました。自然塗料を塗るのに苦労しましたが
今となってはいい思い出です。

「シートラッピングではだめ。塗装枠でないと」と
当時の担当者に言われたことを思い出します。

それにしても、2人で28皿はかなり多いと思いますが・・・。
[2012/04/23 05:40] | 本物大好き #9EfA9iwQ | [edit]
本物大好きさん

そうでしたね、材料を使ってもらっていたのですよね。

確認し忘れました・・・。

あまりに安くて、ついつい食べ過ぎてしまい、次の日は
なんだか胃がもたれてしまいました。
[2012/04/24 23:13] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/201-c4986b03

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。