スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

信頼される仕事が出来る人

2012-04-24
「信頼」

というのは、組織で仕事を行う上では大事なキーワードですが、

そもそも、信頼って何・・・?

と聞かれるとなかなか答えが難しい言葉ではないかと思います。

私は、仕事における信頼という意味では、

「約束を約束以上に守れること」

ではないかと思っています。

大事な仕事を誰にでも任せることが出来るかのかと言えば、私は
信頼できる人にしか任せないことにしています。

よくあるビジネス教育の書籍などには、

「人は仕事を任されることで育つ」

と言われていますし、それを否定するつもりはありません。

チャレンジすること、失敗することは大事で、これも否定するつ
もりはありません。

ただ、仕事という真剣勝負であるはずのもを簡単にお試し事のよ
うに任せてしまうということに疑問を感じてしまうのです。

はじめから、失敗するとわかって任せてしまうのは、相手がいる
ということが前提の仕事の中ではどうしても失礼な気がするので
す。

「はじめから、失敗する」

とわかってしまうのは、仕事の種類に優劣や序列を勝手に付けて
しまっている人です。

例えば、

「お客様へのお茶出し、議事やメモなどの記録作成」

こういったことを単純仕事と決めつけ、私にはもっと責任ある仕事
を任せて欲しいと思ってしまう。

こういった人は、残念がら単純仕事と自ら定義したにも関わらず、
人並み以下の成果しか出せないことが多いようです。

これでは、単純仕事すら出来ない人と思われてもしかたがないです
し、他の仕事を任せたいとは思われないはずです。

仕事をどんどん任せてもらえる人は、

「お茶出しや記録作成など、どんな仕事にも手を抜かず、120%以上
 の結果を出す人」

だと思うのです。

そもそも、単純仕事などというものはあり得ないわけで、単純仕事に
してしまっているのは、本人の仕事の考え方だったりするわけです。

120%の結果を出す人は、信頼されて、仕事を任せてもらえる。

任せてもらえるということは、ある意味、自由に仕事を行うことが
できることだと思います。

ただ、こういうことを言ってあげれば人の行動はすぐに変わるのか
というと、そんなことは稀のようです。

大事だと思うのは、その人の成長を本当に願うのであれば、仕事に
対して厳しく接することだと思います。

100%以下の仕事に対して、厳しく指摘したり、厳しく助言すると
いうことです。

ただ、いい結果を出したら、おもいっきり労ったり褒めることも
同じくらい必要だ思うのです。

「優しさ」と「厳しさ」

コインの表裏と言われているように切っても切り離せないものです。

現実的には、人が成長しやすい順番(考え方)は、

「厳しさがあって優しさがある」

これって、お互いに成長しやすいと思うのです。

その逆は、

優しさをどんどん先行させて、最後の最後に厳しくする。

人によっては、立ち直れないほどのダメージを受けてしまう場合が
あるようです。

これは、私自身への戒めでもあります、これがわからずに何度も
失敗してしまったことがあるので・・・。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!





スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/202-1cef09db

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。