スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

妥協が生みだす新しい答え

2012-05-08
「一人の意見で物事を決めていくよりは、多様な意見を尊重していく方が
 総合力が発揮される」

高度成長期なら否定されることもあったこの考え方は、今ではすっかりと
主流になりつつあるのか、共感されることの方が多くなっているような感触
を持っています。

ただ、実際にこのような場面があったとき、この考え方を実践していく
ことは口で言うほど生易しくない現実が待ち受けています。

例えば、主体的な人が5人集まって何らかの議論をしているシーンがあると
します。

この5人は、主体的な人なので、それぞれ自分の意見を持っています。

自分の意見を持っているということは、その意見は5人それぞれ同じとは限ら
ないわけです。

しかも、主体的ということは、容易には譲れない原則のようなものが存在して
いる可能性が高くなります。

そうなると、当然のことながら議論は議論でも意見を戦わせるというような
主張が強くなり、衝突とも感じられるような場面が出現します。

生易しくない現実というのは、まさにこういった場面のことで、せっかくの
建設的な議論のはずが、逆に不仲を招いてしまうのでは、という不安が襲って
きます。

そして、その果てには、

「意見を集約できないのでは・・・」

この一言に尽きると思うのですが、必ずと言っていほど立ちはだかる壁が
ここにあるように感じます。

私も、日々自社の中ではこのような場面にさらされることが多く、体調が
悪かったり疲れていると、

「主体的な意見を押し込めてしまいたい」

という誘惑が襲ってくることがあります。

これではいけないと、懸命に我に問いかけながら自分のとの戦いの連続
というのが私にとっての現実です。

それでは、主体的な意見をどうやって集約していくのか?

こういったことの道標になる古典的な考え方が、

「止揚」

「アウフヘーベン」

「創発」

どれも同じような意味合いで、意見と意見のぶつかり合いの中ら新しい
答えを創っていくという考え方です。

「優劣」

「成否」

「正しい間違い」

という二者択一ような選択とはまったく違ったものですね。

ただ、新しい答えを創っていくというのも、決して容易なことではあり
ませ。

一人ひとり、「主体性」というものに行き過ぎが生じてしまうと優劣の
ような選択の集約につながりやすいようです。

行き過ぎたというのは、

「容易に譲れないという原則の範囲が広すぎる、細部にまで行きわたって
 しまっている」

という状態です。

ある人から教わったことですが、

「降伏する」と「妥協する」は違うというのです。

降伏というのは、容易に譲れない原則を容易に譲ってしまうことで、

妥協というのは、譲ってもよいと決めたことを譲る、

ということなのだそうです。

こういった意味での妥協が大事で、原則が広い範囲という細部まで
原則を押し通すというのは協調や協力を阻害してしまう、主体性では
なくただのわがままということになります。

私の経験では、

新しい答えを創れるのは、お互いに原則を維持しながら妥協ができた
ときだと思っています。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
A対B=Cっていう感じですね。
私の実感では 話し合ううちに互い気付きがあって その気付きを軸に
新しい考えに至る・・・っていう感覚でしょうか

さて・・・こんなに素敵な文章を書きながら それが順位につながっていない
=多くの人に読んでもらっていない
=幸せを高めうチャンスを世の中に届けられていない・・・
ここは何とかしないといけないんじゃないかなぁ・・・

自分自身で出来ることだけ上げても・・・
Facebookにリンクするなど いろんな方法があります
会社として・・・であれば みんながFacebook、ブログにリンクする
柴田さんにお願いして 柴田さんにブログで評価してもらう・・・など
方法はたくさんあります。

自社を売り込む・・・と考えれば消極的にならざるを得ない・・・・この気持ちは分かりますが
幸せなビジネスマンを増やしたい・・・ということであれば それなりの行動になるのではないか?
そんな風にも考えてみてはいかがでしょうか
[2012/05/09 09:33] | acb #- | [edit]
acbさん

コメントありがとうございます。

やれることは、確かにありますね。

只今、作戦を練っているものもありますので、
ドーンと幸せ拡大作戦につなげてみます。
[2012/05/09 23:13] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/206-d4882579

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。