スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

社会貢献って?

2012-06-13
先日、とあるメーカーの販売会社向けの研修をお手伝いさせて
いただきました。

全国から5つの販売会社、各社3名ずつ参加いただきました。

参加していただいた方々は30代後半から40代後半の働き盛りの
リーダー層のみなさまでした。

各社とも理念やビジョンの中に社会貢献に関する事項が必ずと
いっていいほど掲げられ、強調されているということでした。

働いているみんさんにとって、この社会貢献が少なからず働く
ことの誇りにつながっているということでした。

そこで、

「どんな社会貢献をしているのですか?」

と聞いてみると、

「震災のときに無料で商品を届けた」

「地域の清掃活動を担っている」

「小学校の工作の指導をした」

といった具合に、目を輝かせて披露していただきました。

ただ、気になったのが、本業に関することが一つも上がらな
かったことでした。

「日々の仕事ではどうですか?」

と聞いてみると、

「しーーーーん」

それならと思い、

「日々の仕事と社会貢献、どっちがやりがいがあるんですか?」

と恐る恐る聞いてみると、口々に、

「社会貢献」

という話が返ってきてしまいました。

私も被災地でもある宮城県出身なので、社会貢献がやりがいを
持たせてくれるということはよくわかります。

以前、ボランティアの方からも聞いたことがあるのですが、

「貢献実感、成長実感」

この二つがボランティアの動機と言うことでした。

とてもいい話なのですが、少しショックだったのは、

「会社や仕事では得られない・・・」

という枕詞がついていたことでした。

この研修に参加していた皆さんもほぼ同じような状況のよう
でした。

日常の中貢献実感、成長実感が得られないのはどういうこと
なのか?

ここを研修の場で掘り下げていきました。

すると、

「新入社員の頃は、これはおかしいとか、もっとこうしたら
 いいのに」

という問題意識が旺盛だったのに、先輩などから、

「それは無理、出来ない、難しい」

という話を聞いて最初の頃はあきらめに似た我慢を繰り返し、
今では問題意識すら薄くなってしまっていたようでした。

いつの頃からか、仕事の判断基準が内向きになり、お客様に
目が向きにくくなった、という話まで飛び出しました。

こういったことが、社会貢献と日常業務を分離させ、しかも
自らの心の中で分離させた社会貢献に身を委ねるようになって
しまった原因だったのかもしれません。

理念やビジョンに込めて社会貢献は、本来は日常業務そのもの
にあったのだと思います。

「社会に貢献できるほど日常の仕事を高めていく」

こんなイメージに近いのだと思います。

私は、日常業務と社会貢献は一体のものだと思っています。

多くの人の根源的な欲求に「貢献や成長」というものがあるの
だと思っています。

会社というのは、この欲求を仕事の中で開花させ育んでいける
素晴らしい器なのだと信じています。

人がビジネスで成功する会社へ。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
会社の仕事が人の役に立っているからお金を頂けるのですから・・・
何らかの形で社会に貢献していますよね。

そこを意識するかしないか・・・これは大きな差だと思います
よくお金を取るか お客様への貢献を取るのか 2者択一で考える人がいて
コレが一体で 利益はそれを将来にわたって継続するために必須なもの・・・と
つい言ってしまいます。

ほんとうは ここを自分で掴み取ってもらわないと本物になりませんね。

自分の会社が無くなったら 世の中が困っちゃう・・・
そう ISOWAが止まれば世界が止まる・・・みたいなスローガンは
誇りという意味でも必要ですよね。

ポチッ!
[2012/06/14 15:11] | acb #- | [edit]
acbさん

コメントありがとうございます。

acbさんの言うとおり、世の中へのスローガンというのは
大事なことですね。

こういう部分に自信と誇りを持つ。

自分よがりにならない強いもの。

こういうものが、今の世の中に必要なたくましさを
生んでいくような気がしました。
[2012/06/15 00:11] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/218-d45814d1

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。