スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

遠慮を吹き飛ばせ!

2012-07-01
K社さんの幹部が集う月に一回の横断会議に参加してきました。

テーマは、

「スタートダッシュの振り返り」

K社さんの期初は、5月1日ですから1/6が経過したことになります。

今期から、新しい営業会議がスタートしたり、部門の統合のプロジェクトが
スタートしたりと、本格的な変革期へと突入しています。

こういった取組みをいい成果につなげるために、スタートダッシュはどうだ
ったのか?

早目に振り返って、変革を促進していくことが狙いでした。

結果としては、たくさんの人の協力を得て、まずまずのスタートが切れて
いるという感触が大半の意見でした。

それでも、まだまだ全社的に活性化しているとは言い難い面もあるという
意見も数多く聞かれました。

「遠慮なく意見を出し合う」

「遠慮なく相談し合う」

「遠慮なく協力を仰ぐ、手を出す」

こういったことがもっと出てくると変革は促進されていくのではないか
ということが話し合いから見えてきました。

その中でのキーワードは、

「遠慮」

この遠慮の背景に何があるのか?

こんなことを問いかけてみると、場が少しトーンダウンしてしまいました。

まさに、このシーンそのものが遠慮でした。

辛抱強く問いかけ続けると、

「どうしても探り合ってしまう」

こんな勇気ある発言がポツポツと出始めました。

いったい、何を探り合っているのでしょうか?

「突っ込まれるのが嫌だから・・・」

意見される=突っ込まれる

という構図になってしまうこともあるようなのです。

突っ込まれるのは嫌なことですが、意見を出し合ったりすることは
お互いに望んでいることなので、まさに紙一重の状態なのだと思います。

こんなやり取りをしばらく続けていくと、

こういう遠慮がなくなると、もっと職場の雰囲気も良くなるし、お客様に
とっても居心地のいい職場になるという方向に話が発展していきました。

ここでもう一度、遠慮の部分を掘り下げていくと、

「一人一人自分の仕事で精いっぱいになってしまう」

こういったことが常態化していくと、一人一人は一生懸命でも相手にと
っては、

「なんて自分勝手なんだ・・・」

というように受け取られてしまう可能性も否定できない事実です。

「個々の事情を優先させえるのか VS 相手の役に立とうとするのか」

ここが一つの分かれ目だと思うのですが、100%相手の役に立つことを
優先させることができるのかといえば、それは現実的ではありませんし、
何となく自己犠牲を感じてしまうのだと思います。

それでもこのような葛藤から抜け出せなければ、ここでいう遠慮は解決
出来ないのかもしれません。

ヒントはたくさん身近にあります。

例えば、忙しくパソコンに向かって仕事をしている上司に、部下が何事
か相談を持ちかけたとします。

余程のことでなければ、いったん手を休めて部下のために時間を割いた
りするのではないかと思います。

相手の役に立つために、時間を少しだけ割いていく。

一日10分でもいい。

一日一つでも二つでもいい。

相手のために意識的に時間を使ってみる。

出来ることながら、自分から進んで相手の役に立つ時間をつくってみる。

「○○さん、この前のことで何か困ってることない」

「○○さん、こんなことを考えてみたけど役に立つ」

とか、少しの時間でも相手の役に立つために積極的に関わっていくことは
以外と多いものだと思います。

一人10分でも20人いれば200分、これだけの時間が職場の中に満ち溢れれば
遠慮なんて吹っ飛んで、社員にとってもお客様にとっても居心地のいい素晴
らしい職場になっていくと思います。

まずは、幹部の皆さんから率先垂範で!

きっと注目してみている人がたくさんいますよ。

影響力というものを武器に出来るのが、幹部の特権ですから。

楽しみにしていますね。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
先日はおつかれさまでした。
私が遠慮しているから、全体が遠慮しているように感じました。
多少身勝手でないと、「空気」は作れないのかもしれませんね。
[2012/07/02 10:35] | 本物大好き #9EfA9iwQ | [edit]
本物大好きさん

確かに遠慮は伝染するのかもしれませんね。

愛情を持って遠慮せずにお願いする意見する。

これでバッチリかと。
[2012/07/04 00:01] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/230-606c0c8e

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。