スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

子が親を超えたとき

2012-07-04
IMG_9163_convert_20120704000235.jpg

アイセックの高階さんが、先日の海外インターンシップ面接の
結果を伝えに訪ねてきてくれました。

結果は、相思相愛、9月から3カ月間の予定で実施されることが
決まりました。

スコラのMさんもここまで本当にお疲れさまでした。

具体的な企画やスケジュールなど、準備は山盛りでしょうが、
よろしくお願いします。

素晴らしい出会いを演出してくれた高階さんに大感謝です。

これからも、よろしくお願いしますね。

夕方から、いつものようにK社さんに伺って、提示後に開催予定の
部門統合プロジェクト、名づけてAKPに参加してきました。

今回で、8回目の打ち合わせなのだそうです。

部門の統合ですから、課題は山積みです。

少し前までは、1回/週のペースで実施していたようですが、ペースを
加速させたいということで、自発的に2回/週のペースにギアを一段上
げることになったそうです。

今回の最初の議題は、親分会議と称する上位に位置されるような会で
決定された配置案を受け取ることから始まりました。

決定事項を持ちこんでくれたのは、親分会議メンバーのKさんでした。

私から見ても、Kさんの説明は丁寧かつ分かりやすいものだったので
すが、AKPメンバーから反対の声が沸き起こってしまいました。

しばらくたって、反対の理由を聞いてみると、

「こういった現状維持に近いような案では何も変わらない」

「とてもじゃないけど10年先にも耐えうるようなものではない」

「これではとても、最初に設定した大きな目標はクリアできない」

という、なかなかたくましい意見が返ってきました。

そこで、

「だったら、みなさんは本当はどうあったらいいと思っているん
 ですか?」

と聞いてみると、あっと驚くような素晴らしいプランが出てきま
した。

詳細に、そのプランを聞いてみると、

単に不都合を解決するのではなく、攻めの意図がふんだんに盛り込
まれていて、正直なところ背中に汗をかいてしまうほど驚きを感じ
てしまいました。

「飛躍感」

こんな言葉がピッタリのプランでした。

この会議に同席したKさんも同様の感想だったようです。

天下りなどと言われてちょっといじめられていましたが・・・。

会議の終盤では、そもそも親分会議が存在し、意思決定機関のように
位置されると、AKPのペースが鈍くなるので、今後の進め方を確認し
ていくことになりました。

ここで、なんとも頼もしかったのが、AKPのリーダーOさんの存在でした。

「社長にも参加してもらえば物事は上手く進むのでは・・・」

という意見も出されたのですが、

「それでは、このプロジェクトの意味はない。自分たちで考えて答えを
 出していくことに意味があるんだ」

と、熱く語ってくれました。

最後に、

・親分会議の決定事項ではなく、自分たちの案でいかせて欲しい
・基本的にはAKPに任せてほしい、NOやNGがあればその都度指摘してもら
 えれば修正できる

という点を確認することができました。

ここで、今日の会議は終わったと思ったのですが、会議メモ担当の人が
全員にメモを回し、内容の確認や修正などを促していきました。

IMG_5293_convert_20120704000210.jpg


会議のことは、その会議の場で終わらせることが狙いのようでした。

忙しい中で、たくさんの回数の会議を実施するための素敵な智恵だなぁ
と感じました。

こういった細部にも当事者としての本気度を感じさせてくれて、なんだか
とても嬉しくなってしまいました。

会議終了後に早速、事務所に残っていたK社長とO部長、そして天下りの
KさんとリーダーのOさんで今日の内容を共有していきました。

社長も参加していた親分会議の決定事項をひっくり返すわけですから、
ちょっとドキドキしましたが、

「ここまで考えてくれてありがとう!」

といった感じで感謝の言葉を返してくれました。

普通は、自分たちの案よりも優れていると思っても認められない場合が
多いと思うのです。

素直にプロジェクトメンバーの成長や成果を喜ぶことができる。

こういったことが何よりもプロジェクトメンバーを励まし、後押しして
いくことにつながっていくのだと感じました。

ここまで頑張ってきた、営業事務のSさん、総務のSさん、造作工場のSさん、
同じく造作工場のSさん、PC工場のSさんも本当にお疲れ様でした。

これからも、自分たちの思い全回で進めていきましょうね。

リーダーのOさんを除いて、メンバーは全員Sさんだということに気づいて
しまいました。

これには何か意味があるのでしょうか?それともたまたま?



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!





スポンサーサイト
tag :
コメント:
連日、打合せに参加していただき、ありがとうございます。
私も、想像した以上の反応に驚いています。
いままで社員の能力を生かす仕組みがなかっただけなのかもしれませんね・・・。

頭文字がSばかりというのは、単なる偶然です。
[2012/07/04 16:57] | 本物大好き #9EfA9iwQ | [edit]
本物大好きさん

そうなのかもしれませんね。

これからも生かす仕組みをどんどんつくりだして
いきましょう。
[2012/07/04 21:53] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/231-ecc62c9d

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。