スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

故郷での仕事

2012-07-05
スコラ・コンサルトに入社してかれこれ7年になるのですが、
はじめて生まれ故郷の宮城県で仕事をする機会に恵まれました。

宮城入りしたのは、3・11の震災以来となります。

今回、宮城県とくに仙台で感じたかったのは、

「復興需要の現状」

でした。

震災後の復興需要の影響で、

・ベンツが飛ぶように売れている。

・藤崎(地場の百貨店)、三越などの百貨店で高額品が売れている。

・国分町(東北一の繁華街)には東京から黒服の出稼ぎまで来ている。

なんていう話が、数ヶ月前の新聞紙上を賑わせていました。

こんな状態は、今でも続いているのかどうか?

現地入りして、まずはメトロポリタンホテルにチェックインしました。

インターネットでシングルルームを予約していたのですが、

「今回は特別に、ダブルのお部屋に変更させていただきました」

という何とも嬉しいフロントの方からの申し出があり、迷うことなく
ランクアップに応じさせていただきました。

チェックインが深夜になったときなどは、こんな変更に出くわすことが
多いのですが、今回のチェックインは18:00でした。

ちょっと不思議に思ったのですが、勧められるまま部屋へと向かいました。

IMG_9337_convert_20120705225545.jpg

部屋に入ると、執務専用スペースがあるではありませんか!

部屋で仕事をすることが多い、私には嬉しいスペースです。

一時間ほど、仕事をすると、そろそろお腹がすいたので、学生時代に慣れ親
しんだ国分町に向かうことにしました。

移動手段は、情報収集を兼ねてちょっと贅沢にタクシーを利用しました。

タクシーの運転手さんにホテルでの部屋の変更のことを自慢すると、

「当たり前ですよ、仙台のホテルはもうかなり空きが目立ってますよ。
 数ヶ月前までは空きなんかほとんどなくて、山形にホテルをとって
 ボランティアに駆け付けている人も珍しくなかったんですから」

という貴重な話を聞くことができました。

タクシーは景気に敏感なので、運転手さんに聞けば各地域の状況がよくわか
るので、いつも積極的に会話をするようにしています。

国分町に到着すると、

「あれ?」

拍子抜けしてしまいそうなほど、閑散とした雰囲気でした。

雨だったということもありますが、それを差し引いても活気があるとは言え
ない状況でした。

しばらく歩いて、お目当てのお店に到着。

IMG_2675_convert_20120705225433.jpg

仙台で「牛たん」と言えば、やっぱり「利久(りきゅう)」です。

私の身の周りでは、誰に聞いてもダントツナンバーワンの店です。

暖簾をくぐると、こちらも閑散とした雰囲気でした。

IMG_4986_convert_20120705225520.jpg

東京の牛たんとは厚みが決定的に違います!

IMG_4418_convert_20120705225457.jpg

牛タンの友は、やはり「とろろ」ですね。

IMG_9383_convert_20120705225607.jpg

味は変わらず美味しかったです。

お店の人に、東京では利久のような牛タンは食べれないので、今日は出張が
てら楽しみに来店した旨を伝えると、

「東京にもありますよ・・・」

という返事が返ってきて、ちょっと残念な気持ちになってしまいました。

今話題の、「スカイツリーのソラマチ」「渋谷のヒカリエ」にも出店してい
るようです。

復興需要は、あくまでの外的要因による一時的な重要なのだということが
よくわかりました。

外的要因による需要の増加は当然のことながら歓迎すべきことが、根本的に
新しい需要が生じているわけではありません。

この仙台の場合は、人口の一時的な増加、震災後の買い控えによる後ろ倒し
需要などの部分が大きかったのだと思います。

こういった需要は、当然のことながらいつまでも続くわけではなく、外的
要因に変化が生じれば、需要もそれに相関して増減するものです。

これは、自分たちでコントロールできるモノではありませんので、依存して
しまうと大きなしっぺ返しがまっています。

外的要因の変化に合わせるということは、自分では変えられない要因と
心中するようなものです。

震災後の復興で需要が増加、その需要がはじけて景気減退、倒産などが増加、
という二次被害が起こらないことを祈りたい気持ちでした。

需要に対応するよりも需要そのもを創り出していく。

我が故郷には、こういった次元で復興してもらいたいと思っています。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん 貴重なお話ありがとうございます。
仙台はバブル・・・と聞いていましたからとても新鮮です。
まだ復興予算は使い切れない状況にあって 更に積み増しされていますから
当分バブルは続く・・・と思っていたのですが・・・
平穏・・・というか世の中並みなのですね。

ポチッ
[2012/07/07 10:26] | acb #- | [edit]
acbさん

私も驚きでした。

タクシーの運転手さん曰く、

「そんなに景気は良くはないよ・・・」

いつまで続くか不透明なので、消費の力強さは
持続できないのでしょうね。
[2012/07/08 22:30] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/233-757acc13

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。