スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

世の中は工夫で溢れている

2012-07-12
今日紹介したいのは先ずはこちらです。

IMG_2125_convert_20120712001723.jpg

「コーラ=太る」

という通説を逆転の発想からヒットを飛ばしている商品です。

コーラなのに、

「食事の際に脂肪の吸収を抑える」

という大胆な発想はどこから生まれてくるのでしょうか?

しかも、特定保健用食品というお墨付きです。

近所のコンビニで店員さんに聞いてみると、とてもよく売れている、
という話を聞くことができました。

キリンがフリー(ノンアルコールビール)を世に出した時の考え方
と通じるところがありますね。

昔のノンアルコールビールは、そもそもビールを飲まない人向けに
出した商品です。

キリンのフリーは、ビール好きだが飲めない人向けに出した商品です。

創造された市場の規模は圧倒的な違いです。

このコーラも、そもそもコーラを飲まない人向けなのではなく、コーラ
が好きだけで、少し自粛をしている人などがターゲットなのだと思われ
ます。

メッツコーラのホームページを覗いてみると、

「メッツコーラのホームページはこちらです」

お勧めポイントの順番がコンセプトと一致していることがわかります。

①とにかく美味しい!(味が売り)

②強炭酸の飲み応え。食事との相性が抜群。

③体に嬉しい糖類ゼロ

④難消化性デキストリンを配合

あくまでの特保に関するような内容は最後、飲食を楽しむことを前面に
出しているところが商売上手ですね。

続いては、こちらの商品です。
IMG_8524_convert_20120712001817.jpg

自宅のテレビの録画先のハードディスクが一杯になったので、もう一台
増設することにしました。

ハードディスクを2台同時に使うので、ハブも併せて購入しました。

購入先は、電気店ではなく、アマゾンから購入しました。

アマゾンは書籍だけではなく、食料なども含め、最近ではありとあらゆる
ものを品揃えしています。

当然のことながら、家電関連も一通り購入できます。

ここで一つ、疑問に思うのは、

「在庫はどうしているのか?」

日本で一番売れている本屋さんはアマゾンだと思うので、書籍の在庫なら
まだ知らず、家電などの在庫リスクはどう考えているのか?

この答えが、商品が届けられたことで理解できました。

発送元はビックカメラでしたから。

内外作区分という考え方がありますが、アマゾンは自社で担うコトと外部
にお願いすることを上手にリスク分散させ、購買の入口機能を強化してい
っていることがよくわかります。

最後にもう一つはコレです。

IMG_2895_convert_20120712001800.jpg

「CACAO SAMPAKA」というチョコレートメーカーの商品です。

価格は、なんと4粒入りで驚きの1,890円です。

一粒単価で考えたら、ぞっとするような値段ですね。

中には商品の解説ブックまで丁寧に同封されていました。

IMG_2311_convert_20120712001744.jpg

解説ブックに目を通してみると、

「アステカ帝国の王様だけが食べることができた、幻のレアルリオロ
 カカオを再生し、2,500ものカカオ農家を救済した功績をスペイン
 王室より高く評価された」

ということが書かれています。

チョコレートにお金を払ったというより、こういった物語にお金を支払
ったという意味合いが現実的なのかもしれません。

「100円のコーラを1,000円で売る方法」

という本がベストセラーになっていますが、1個10円というチロルチョコ
もある中で、一粒400円以上という商品を創り出せていることから学ぶべ
きものは多いのではないでしょうか。

売れている=支持を集めている

最後に風土という視点で少し書かせてもらうと、こういった事例を紹介す
ると、人は大きく二手に分かれるような気がしています。

多業種多業態からも積極的に学び要素をしっかりとつかみ自社に置き換え
ていける柔軟で素直な思考を持っている人。

多業種多業態ということを理由にしたり、自分の好き嫌いが表に出てしま
って出来ない、やらない理由や批判をしてしまう人。

進化しやすい風土はどちらか?

書くまでもありませんね。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
こういう具体例があると 分かりやすいし 自分自身で考えるという一瞬がありますね。
いかに自分自身で考えるか?
これは成長にも 共感ということにも通じますね

組織風土として 柔軟に学んで実行するということ
これって想像以上に難しいことですね。
「40歳定年制」ともなれば そこから先は働かないという選択はないわけで
皆が前向きにならざるを得ない環境になること間違いナシです

そうなったら 多少苦しいことにも前向きになろうというモチベーションが働く・・・と
なぜか期待しちゃいますが・・・今の話ではありませんから
しつこく頑張るしかなさそうですね。

ポチッ!
[2012/07/12 08:30] | acb #- | [edit]
acbさん

上手に困る仕組みは、人間本来の能力を開花させて
くれることもありますから大事ですね。

40歳定年制、私も残すところ3年です。
[2012/07/12 22:46] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/236-2ae53761

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。