スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

国民のため?

2012-07-16
政局が混沌としてくると、

「国民のため」

「国民のため」

「国民のため」

という言葉が、政治家の口から頻繁に聞こえてくるようになって、

「あぁ、そろそろ選挙が近いのかなぁ」

と思ってしまうのは私だけでしょうか?

国民のため、という言葉に違和感を抱いているからなのかもしれま
せん。

「国民のためっていったいなんだろうか?」

よくよく考えてみると難しいことだったりしますね。

例えば、ばらまき政治などと揶揄されることもありますが、誰かの
役に立っていたり、誰かが欲していて満足していることも否定ので
きない事実なのだと思います。

ばらまき政治には限界があるっていうことは子供でも理解できるこ
とで、短期や局所的には正しいことが長期や大局的には間違ってい
るなんてことはいくらでもある話です。

先日の日本経済新聞の「春秋」(2012・7・13)に面白い話がありま
した。

IMG_8026_convert_20120716230307.jpg

「ことばは天を目指すが心は地にとどまる、心のともなわぬことばが
 どうして天にとどこうか」

ハムレットの台詞で見事に違和感を射抜いています。

国民を大事にしているというが、本当に大事していることは何なのか?

もしかして選挙?なんて思ってしまいます。

「国民」

を広辞苑で調べると、以下のような意味なのだそうです。

「(国家を構成する人間が)国権に復する地位では国民、国政にあずかる
 地位では公民または市民と呼ばれる」

しまいには、権力を持った方々にとって体のいいお客さんにすぎぬこと、
とまで書かれてしまいました。

これは、国民という概念だけではなく、社員という概念にも通ずるものが
あるように思えます。

企業に所属する、雇用される、という意味で社員であり続けるのか?

それとも、企業の目的に参画するという意味で社員であり続けるのか?

どちらを選択するかは自分次第ですが、いい会社は積極的に参画するとい
うことを大事にしているし、機会も動機付けも積極的につくっているよう
に思えます。

国レベルでもこんなことができるといいのですが・・・。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
おはようございます、いよいよ明日からですね。

「寄らば斬る」こんな野武士ISOWAビトが
現れることが楽しみです(*^^)

PS:「国民のため」...
    池田勇人の「私はウソは申しません」を
   ふっと思い出しました。
 
[2012/07/17 08:40] | シンフォニー #- | [edit]
シンフォニーさん

ありがとうございます。

私もウキウキワクワクしています。

野武士が何人出るか?

楽しみにしています!
[2012/07/17 22:39] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/239-adf09fa0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。