スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

体現すること

2011-07-13
とある会社で風土改革の事務局を担っているAさんから相談があるという
ことで話を聞かせていただきました。

数年後の事業環境は、競争が激化することが予想される。

ソフト(顧客満足)を中心に競争優位性を築きたい。

その為に、会社はどうあるべきかを自ら考え、議論し合い、行動できる
風土をつくっていく。

こういった方向性で風土改革がスタートしたそうです。

しっかりとした計画を立案し、各部署からエース級の人材を選び、
プロジェクトチームを結成、議論を積み重ねてきたそうです。

会社の問題点を列挙。

列挙された問題点を整理。

整理された問題点に対して対策を検討。

まさに、計画通りの進行。

と言いたいところですが、何かがおかしい、Aさんは違和感をもった
そうです。

会社はどうあるべきかを自ら考え、議論し合い、行動できる風土。

これを目指しているプロジェクトが、まったく逆の運営をしている
のでは?

違和感はここにあったようです。

どうあるべきかを考えてきたのだろうか?

本音で議論できているのだろうか?

自分たちが当事者として行動することにつながるのだろうか?

プロジェクトメンバーが、目指す風土を「体現」していくことが大事
なのではないだろうか。

こういったことを意識するようになったことで、困ったことが
起きたそうです。

「計画通りに進められない」

「進捗管理ができなくなる」

これを聞いて、素敵な悩みだなぁと思いました。

ここに真正面から向き合うことが風土改革のスタートですから。

計画できないことをどうやって進めていくのか?

「仲間を巻き込んで一緒に考えていく」

これがAさんの次のステップのようでした。

現実と真剣に向き合っているAさんの仲間のひとりになりたいと
思った一日でした。

体現していく。

体現したことは、確実に風土を形成することにつながるのだと
思います。

Aさん、一緒に悩んでいきましょう。


人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!


スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/24-e7ee744a

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。