スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

表舞台と裏部隊

2012-08-03
中部生産性本部主催の「組織力向上セミナー」に行ってきました。
開催場所はI社さんです。

なんと、I社さんが事例企業として取り上げられ、約100名もの受講者
を迎えてセミナーが開催されたのです。

IMG_1694_convert_20120803005529.jpg


I社さんがこういった大きな舞台の上で、不特定多数の方々からどう
映るのか?そして、I社のみんながどう輝くのか?

もうひとつ楽しみだったのが、このセミナーのコーディネーターが、
私が尊敬する大久保寛司さんだったこと。

大久保さんは、とても目が肥えた人で、本物と偽物をしっかりと見分け
る厳しい目を持った人です。

大久保さんの目にI社さんがどう映るのか?まるで自分ごとのように気に
なっていました。

このセミナーは3部構成になっていて、

第1部が、「ディスカバーI社ツアー」
第2部が、「I社長の講演」
第3部が、「パネルディスカッション」

でした。

今回のディスカバーI社ツアーで、ジブンガタリを披露してくれたのは、
組立てのIさん(入社2年目)、営業のNさん(入社4年目)、技術のHさん
(入社○年目→Hさん、ごめんなさい・・・)でした。

第3部の質疑応答でジブンガタリを聞いての感想を述べてくれた方がいました。

「飾らない言葉」

いい会社の社員の共通項だと話してくれました。そのいい会社の例であげていた
のが、伊那食品さんや万協製薬という超有名企業!素直に喜んでしまいました。
入社2年目のIさんは、昨年まで技術部に所属していたので、組み立ての部署
では新入社員と同じように組み立て道場で修行中、会社から見れば投資だとい
うことをしっかり自覚していて、1日1日を大事にしていることが伝わってき
ました。

入社4年目のNさんは、仕事の領域を広げつつある中、少し仕事に追われ気味
だということ、具体的に何で貢献していくのか?まだ見えていないということを
素直に語ってくれました。それでも、ブレない願いがあって、92年を迎えた会社
の次の歴史に貢献したいという思いを堂々と語ってくれました。

そして、Hさん、

「プロ!玄人!」語り口がアナウンサー以上ではないかと感じたほどでした。
しかも、アダルトな雰囲気をつくり出し、しっとりとした中にもわかりやすい
主張がある語り口は只者ではありません。100名中30名くらいはその雰囲気に
呑まれてしまったのではないかと思います。

そして、第2部はI社長の講演でした。

「僕の講演はいつも同じだから」

と語っていますが、それを真に受けて油断していると変化を取りこぼしてしま
うので要注意です。

確かに変化はしていないのかもしれませんが、進化はしているのです。

「風土改革は経営そのもの」

という論調がI社さん流にバージョンアップされていました。

時間がかかることに本気で取り組む意味→独自性が差別化や差異化に貢献する。

そして、今回の講演で私のハートにメラメラと火を付けることになったのが、

「NEW氷山モデル」

IMG_3264_convert_20120803005646.jpg


でした。

私は、氷山モデルマニアを自負していますが、I社長もこれだけ氷山モデルを
進化させているということは、マニアに違いありません。

I社長の堂々たる風土改革を用いた経営哲学が見事に氷山でモデル化されてい
ます。

以前の氷山モデルは、山頂部の業績の下位層に戦略を置いていましたが、

「製品、サービス」

に置き換わっています。

製品サービスを通じて、お客様に価値を提供し、その対価の結果として業績
があるということを見事に表現しています。

ただ、これ以上に凄みを感じたのが、戦略の位置づけでした。氷山の階層から
取り除かれ、上位階層から「製品、サービス」(水面上:見える部分)「組織能力」
(水面の上下をまたぐ部分)組織風土(水面下:見えない部分)の3層をまとめて
戦略としてくくられていました。

こうなると、I社さんの戦略を言葉にしてみたくなってしまいます。

「組織風土改革で培った独自の組織能力を用いて、世界一社風のいい会社づくり
を目指している自分たちらしい製品やサービスはどうあったらいいのか?を
追求し続けていく」

こんなイメージになるのでしょうか。

この3つの層を一体として捉えて、磨き続けていくことが戦略なのでしょうね。

ただ、ここまで描かれてしまうと、私も黙ってばかりはいられません。

氷山の見える部分は、せいぜい全体の1割程度とI社長は話していますが、そこに
意義を唱えたいと思います。

組織風土をも戦略として捉えるのであれば、外部(お客様など)からの見方で
氷山を描くと、見えない部分が1割、見える部分が9割と言い切っても過言では
ないと思います。

組織風土改革によって、一人ひとりの主体性は確実に増しています。そのことが
浮力になって氷山全体を海面上のはるか上に押し上げている。

なぜ、普通の氷山は見える部分が1割で、見えない部分が9割なのかと言うと、
このバランスが最も安定した状態だからです。

でもI社さんは違います。例えば、思ったことを素直に話せる、表裏を使い分ける
必要がない、飾らない素の自分でいられる。というように、見える部分が9割でも
氷山は十分に安定すると思うからです。

組織風土改革の見学者が絶えないのは、組織風土を見せてくれる数少ない企業だかで、
この事実が何よりもの証拠なのです。

第3部のパネルディスカッションに加わってくれるのは、みんきゅうプロジェクトの
IさんとKさんでした。

受講者からの、

「どんな理由やきっかけがあって、あなた自身は変わろうと思ったのですか?」

という至極の質問に対しても堂々と答えてくれました。

「自分ごと」「役に立ちたい」

というキーワードをちりばめて、自分たちなりの論を語ってくれました。

そこから垣間見えるのは、

ES→自分ごと→主体性(自分から変わる)

という構図です。

社員をある意味、無条件に信用し続け、主体性を発揮していくきっかけや環境づくり
へのこだわりは容易に真似のできない、I社さんの魂そのものです。

このセミナーが終わると同時に、I社のNさんと、

「とても楽しいセミナーで大成功でしたね!」

と声を掛け合いました。

物事には必ず、「陰陽」「表裏」など対の概念が存在します。

このセミナーも同様に、表舞台の成功は、裏舞台の支えなしにはあり得なかったと思い
ます。

このような大きな舞台にも関わらず裏方はほとんど目立たず、飾りすぎず作りすぎない
空間の心地よさを提供してくれました。

この絶妙な空気感は、事前の準備、段取り、当日の細やかな心遣いがあればこそです。

このセミナーのMVPは、I社の管理本部のみなさまなのかもしれませんね。

あっ、そうそう、気になっていた大久保さんから観たI社さんの感想ですが、

「BtoBの製造業でここまでやれる会社はそうないんじゃない」

という好評価をもらいました。


人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
東京からのわざわざの遠征ありがとうございました。
氷山モデルの変化(進化?)は、こうやって図にしながら、
自分なりの考えをまとめていく上でとても有効です。
お互い『氷山フェチ』ですね 笑
日本氷山党でも結成しましょうか?

水面上と水面下の比率の指摘、とても感じ入りました。
そう言われて、またこんな風に考えました。

 氷山の上の象徴である『製品・サービス』から
 ISOWAとのお付き合いが始まったお客様にも
 その製品・サービスを見てもらえば、すぐに
 氷山の下までも水面上に現れて来る。
 そんな製品・サービス開発をする。

これからは氷山のそのものの比重を軽くしていって、
いつかは全部が水面上に浮かび上がるようなISOWA
氷山を作ってみせます!

ありがとうございました。

 
[2012/08/03 10:40] | 磯輪 #- | [edit]
みんきゅうに引き続き、大変お世話になりました。

みんなの代表として壇上に上がらせて頂いたので
ちゃんと伝わるか心配してたのですが、
最後に皆様から溢れんばかりの拍手を頂いて
通じたんだなぁと感じホッしています。

表舞台と裏部隊
今回は両方でしたが、いつもは裏部隊本部側なので、
裏部隊の事にも気にかけて頂けた事がうれしく思います。

しかし管理本部だけではありません。
【みんなでおもてなし】

みんなでという点でみんきゅうと同じですね。
[2012/08/03 14:47] | ISOWA管理のK #- | [edit]
昨日も大変お世話になりました。

最後に『楽しかった』『良かった』と
声をかけて頂き、うれしかったです。

でも自分としては、余裕も無く精一杯でしたので、
楽しむ余裕もありませんでしたが・・・

最近は色々な経験をさせて頂き、緊張の連続です。
また来週のオフサイトも緊張してると思いますので
声をかけてくださいね。

今後ともよろしくお願いします!
[2012/08/03 17:00] | 段ロールのI #- | [edit]
磯輪さん

最高ですね!

氷山モデル。

片棒を担がせてください。

楽しみにしています。
[2012/08/05 20:13] | hide #- | [edit]
Kさん

「みんな」と言えるKさんがとても
素敵ですね。

壇上での姿もかっこよかったですよ。
[2012/08/05 20:14] | hide #- | [edit]
Iさん

Iさんは、話しながら考えがまとまって
いくような感じですよね。

ついつい聞き入ってしまいました。

東京でも楽しみにしてますね。
[2012/08/05 20:16] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/247-35e873e9

  • やるね、ISOWAビト[磯輪日記]
    「卓越した経営」を実現している組織を訪問し、実際の職場環境、組織 風土に触れ、組織力向上へのヒントを得るという中部経営品質協議会と 中部生産性本部が共催する組織力向上セミ
[2012/08/03 10:41]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。