スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

組織を上手に機能させる

2012-08-08
組織って何なんだろうかと考えることがあります。

一人で仕事をするほうが、組織で仕事をするよりもわずらわしくなく
伸び伸びと成果を生み出していける。

こんなことを思ったことがある人は少なからずいるのではないかと思い
ます。

何を隠そう、私も白状すると一度や二度のことではありません。

それでも、ふと我に返る瞬間があって、そもそも自分が得たいと思って
いる成果は、自分さえ良ければいいという次元ではなく、自分を超えて
世の中に変化をもたらすことだったと思い出す時です。

一人では実現できないことを組織の力で実現しようとしているのです。

身近な葛藤に悩み、目的をついつい置き去りにして、目先のことに集中
してしまう。

人間なんて完璧ではないので、こういうことも認めていったほうが健全
なのかもしれません。

ただ、こういうところで立ち止まるのではなく、そもそもの目的に立ち
返る、自分の人生を考えたりしながら、目先から視野を広く遠くへと修
正していけるのも人間らしい行為なのだと思っています。

さて、組織の話に戻って、ドラッカーさんは、

「組織の目的は、人の強みを生産に結び付け、人の弱みを中和する」

という感じで、大事なことをズバッと言い抜いています。

とても理解できるし、共感できる話ですが、これを実践できているかと
問われると、とたんに厳しくなってしまいますね。

この組織の目的という話の背景を少し探ってみると、

「普通の人、凡人の集まりが組織である」

という組織観があるように思えます。

もう少し乱暴に言ってしまうと、

「完璧な人間など存在しないし、完璧に近づける必要もないし、不可能で
ある」

ということだと思います。

人間はどこかデコボコしたもので、成長してもデコボコしている。

堕ち込んでいる弱みを平らにすることよりも、突出している強みをもっと
突出させたほうが現実的な成長の解なのだと思っています。

弱みを多少是正したところで成果にはつながりにくく、強みを伸ばしたほ
うが成果につながりやすい。

お客様は強みを理由として選んでいるのですから。

ここを見習って、組織のマネジメントに関わる人は、強みを採用したんだ
と思って欲しいですね。

こんなことを書いていると、

「弱みは放っておいていいのか?弱みでお客様離れが起きることだって
あるじゃないか」

という指摘を受けてしまいそうです。

強みよりも弱みの方が認識しやすいので、ついつい弱みに着目して、しかも
弱みを是正した後の姿にバラ色の世界を描いたりしてしまいます。

それに引き換え、強みを認識することの難しさったらたまらないものがあり
ます。

では、どうしたら強みを見つけて生産活動に結び付け、成果を創出していく
ことができるのでしょうか?

広く大きく深い視座を持つこと。

これに尽きるような気がしています。

これは、問題解決とも通じるところがあります。

「いかなる問題も、それが発生したのと同じ次元では解決することはできない」                            
これは、私が好きなアルバート・アインシュタインの言葉です。

例えば、組織の中の課と課の間で生じたどうにもこうにも解決できない問題が
あったとします。

部長はこういった問題を解決する責任を担っているので、問題という事象を
そのままで捉えるのではなく、一段抽象度を上げることで解決していきます。

ついつい弱みにばかり着目してしまう人は、弱みの対象となっている人と
同次元のモノの見方をしている可能性があります。

本来は中学生なのに、小学生と一緒になって同じ問題を解いて正解率が高か
ったと得意になっている様子と同じことですね。

広く深く大きな視座を持つことが組織を上手に機能させるポイントですね。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/250-1b90fded

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。