スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

未来創造塾(川崎場所)

2012-08-19
私にとっては、足を向けては寝られないほどの恩人、脳力開発センターの
田中さん主催の「未来創造塾(川崎場所)」に参加してきました。

今回のテーマは、

「最高の競争力」=「最高の経営力」

これをもう少し砕いて考えてみると、

・真似されないこと(見えるものほど真似されやすい)

・習得するまでに時間がかかること

・使い減りしないこと

田中さん曰く、

「文化、体質、社風のことだよね」

一人ひとり、そして会社としてのモノの見方、考え方という前提を問い直し
新しい時代に合ったモノに変えていくこと。

ここで、ちょっとした奇跡が起きました!

田中さんから上記の参考資料が配布されたのですが、覗いてみると、

「なっ何と、ロスジェネの逆襲ではありませんか!!!」

この前、読んだばかり、しかもブログでも紹介したばかりです。

ブログ:人がビジネスで成功する会社

しかも、取り上げられたのは、P366~367の私のお気に入りのページでした。

「世の中の常識と組織の常識を一致させること」

「仕事はお客様のため、世の中のためにする」

「人は自分のためだけ(個人的なエゴ)に仕事をするようになると、内向きで
卑屈で、身勝手な都合で醜く歪んでいく。そういう連中が増えれば、組織は腐
っていく」

田中さん曰く、

「成したいことをするのではなく、成すべきことをする」

こう書いてしまうと、義務感で仕事をする勧めのように見えてしまいますが、
そんなことはありませんよね。

上記と同義で、

「自分たちの強みを活かして、ワクワクする仕事をする」

ということが大事だと言い切ります。

私なりにですが、ここまでのところをまとめてみると、

「他人の立場に立って(実際はつもりで)、どうしたら相手が喜んでくれるの
だろうかと想像することで仮説を立て、検証できるように行動してみる。
こういったプロセスを楽しめるかどうか。」

ということになるのだと思います。

なんて、偉そうに書いてしまいましたが、自分に人差し指を向けると、出来て
いないことだらけに気づいてしまいます。

というのも、

・相手の立場に立って考えるということは、相手のことを真剣に思えないと
難しい。

・相手のことを真剣に思うということは、相手のことを好きにならないと
難しい。

・相手を好きになるには、相手のいいところを積極的に発見したり、受け入れ
る必要がある。

・相手のいいところを発見したり、受け入れるには、自分自身の原則をしっか
りと持ち、相手に譲れるところをつくっておく必要があると思うのです。

自分の考えを持たずにお客様から話を聞いたりしても仮説につながらず、
お客様の声という事実を単に網羅した、受け身の計画のようなモノになってしま
います。

お客様から言われたことをやったんだけど、何が問題なの?悪いの?

なんていうことが起こったりもします。

そして、田中さん曰く、

「業績=実力+環境」

というシンプルな図式が紹介されました。

この図式で冷静に検証しないで、おかしくなってしまった会社はたくさんあると
思います。

売り上げも利益も向上した。でも、この要因って本当は何なの?

環境要因で成長したにも関わらず、それを実力と勘違いし、強気の投資を行い、
人員を増加させていく。

環境が悪化したら、一気に赤字に転落。

あくまでも実力を上げていきながら適正に成長させていくのが経営なんだと思っ
ています。

環境が悪化してもたくましく支えられる実力、環境が良くなったら機会を最大限
に活かせる実力、こういう実力を身につけたいものです。

田中さんの話は、飽きのこない、わき道ネタも豊富なんです。

・村八分という話し。

八部は何で、二部は何なの?

知的好奇心を満たしたい方はこちらをご覧ください。

・魔法人の話し。

魔法人の描き方は、①右肩上がり、②はみ出したら逆へ、行き詰ったら
一歩下がる。これは経営にも通じる。

お好きな方はこちらをご覧ください。

そして、セミナー終了後は、懇親会でした。

この懇親会もただ者ではありませんでした。

IMG_2980_convert_20120819224946.jpg

お料理は何と、自家製でとっても嗜好を凝らしたものばかりでした。

IMG_7241_convert_20120819224957.jpg

撮影が遅くなってしまって原形をとどめていませんが、牛筋の煮込みなんかも
ありました。

とにかく、本格的なんです。しかも、会費はたったの1,000円ですよ。

実は、この料理の数々、セミナー前に調理したそうなんです。

IMG_0436_convert_20120819224929.jpg

調理してくれたのは、右手前のGさんです。

このGさん、コンサルティング会社の社長さんなんです。

しかも、名刺には、「包丁を握るコンサルタント」と書いてあります。

きっと世界に一人しか存在しない唯一の存在なのだと思います。

Gさん、田中さん、未来創造塾のスタッフのみなさま、そして一緒に参加した
みなさま、一日本当にありがとうございました。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/256-6f1a94c0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。