スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

日本をリードする会社!

2012-08-20
リクルートってどう思いますか?

という質問に対しては、賛否両論、色々な意見を耳にします。

過去、リクルート事件があったり、猛烈に働いていそうな雰囲気があったり、
平均在職期間が短かったりとネガティブな側面で捉えられることも少なくない
会社ですね。

私はというと、

「とっても大好きな会社です」

なぜかというと、日本のビジネスに与えている影響が大きく、今日の日経新聞
一面の「企業収益逆風に勝つ」で論じられている、

「内需企業の健闘」

「消費者の変化をすくい上げ、需要をつくり出せるかが業績を左右する」

こういった部分のトップランナーだと思っているからです。

このリクルートが上場するという話になって、少なからず興奮している一人です。

そして、雑誌でも特集が組まれました。

IMG_2092_convert_20120820223120.jpg

リクルートの創業は1960年ということですから、既に半世紀もの歴史を持っている
老舗に含まれ企業です。

それでも、どこかベンチャースピリッツを感じさせ続けてくれる。

社内には様々な成功事例があったと思うのですが、その成功モデルにすがるような
ことはなく、常に自分たちの常識を疑い続け、新しいサービスを生み出し続けてい
ます。

そういう意味では、会社丸ごと企業家集団で、何といってもたくましさを感じさせて
くれます。

私の勘違いでなければ、リクルートが最も社長を生み出している会社です。

起業数がとっても少ないことが、日本経済の課題だと言われて久しいわけですが、
リクルート出身者が日本のベンチャー起業を支えていると言っても大げさではない
と思っています。

求人誌からはじまり様々な情報誌やWEBサービス、リクルートが無から生み出した
サービスを数え上げれば、枚挙にいとまがありません。

改良や改善のように既存の枠組みの延長戦にあるビジネスではなく、新しい習慣や
生活を社会に生み出し続す、顧客創造、市場創造、未来創造の実践企業です。

リクルートは上場によって、グローバル展開を加速させようとしているようです。

「内需の外需化」

このキーワードにピッタリの方向性です。

内需での成功を外需での成功にいかにしてつなげていくのか?

大注目ですね。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/257-19db3881

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。