スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

城は一日にして成らず

2012-08-30
I社のI社長とお昼前に雑談をしていると、

「高橋さん、そろそろお昼に行きましょうか」

と食堂に向かうことになりました。

I社長についていくと、

「あれっ?」

いつもとは明らかに違ったルートを歩いています。

しかも、忍者屋敷かのように、秘密の階段まであってそこを下りていくと、
段ロールグループさんの職場に辿りつきました。

「高橋さんに、磯輪城を披露するよ!」

何の事だか意味がわからずにいたのですが、目の前に確かに磯輪城があるでは
ありませんか。

IMG_5946_convert_20120830221804.jpg

これは、正真正銘、このグループの方針を描いた公式の作品なのです。

この作品にまつわるエピソードは、I社長の書きたてブログに詳しく書かれて
いますので参照ください。

I社長の連続ブログ「磯輪日記」です。

この作品を観ていて、昨日の夜、会食の席で一緒になった、スコラ・コンサルトの
監査役のTさんからもらったメールの一文を思い出してしまいました。

(以下、メールより抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内需型企業が、海外にも展開を始めています。

日本人の感性にキャッチアップする知恵を活かす経営姿勢は、およそ世界のどの
地域でも通用するはずですが、ややもすると、日本で確立したサービスそのもの
を海外展開しようとするケースも散見します。

日本の携帯電話がガラパゴス化した例などはこれに相当すると思っていますが、
○○社の海外展開も、培ってきたDNAを活用して地域や民族のニーズを掘り起こす
ことで真のグローバル企業になって欲しいなどと勝手な妄想を抱きながらお話しを
伺っておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年、このグループの作品を観るたびに、I社さんらしさを感じるのですが、この
らしさというのは作品そのもの出来栄えのことではなく、この作品を制作するプロ
セスにらしさを感じるのです。

毎年毎年、必死になって方針と自分たちの仕事のつながりを意識づけしようとする。

しかも、このプロセスは決して悲壮なものではなく、楽しんでいる。

これが、I社さんらしさであり、I社流なのでしょうね。

日本流の経営というのも、必死になってお客様に役立つために改善を積み重ねた結果
として出来上がったモノや仕組みといったカタチを指すのではなく、カタチが出来上
がったプロセスのことを指すのだと思っています。

ですから、お客様、国、地域、民族などの条件が変われば、結果として出来上がる
カタチは違ったモノになるはずなのです。

出来上がったカタチを他に転用するというよりも、そこに合ったモノを必死になって
創り上げることが日本流の経営なのではないかと思っています。

このお城もカタチよりもプロセスに意味があるのだと思います。

ここで、話を終わらせてしまうと、I社長と雑談して、お城を観て帰ったかのように
思えてしまうのですが、ちゃんと仕事をしていました。

今日の一番仕事は、営業のみなさんとの新サービスの企画の打ち合わせでした。

新サービスって何?ってまだ聞かないでくださいね。

数ヵ月後にお披露目になると思いますので、乞うご期待ください。

I社さんらしさを追求した結果として生まれた、もしかするとイノベーション!と思え
るほどのワクワクする企画なんです。

I社さんの営業にこれまでお客様は何を期待していたのか?

そして、この新サービスを通じてお客様は営業に何を期待するようになるのか?

この期待がどれだけ飛躍できるかがイノベーションということでしょうか。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:
すべてにおいてプロセスを大切にする。
それも自社らしく。
重要なポイントですね。
楽しく、頑張ります!
[2012/08/31 08:17] | Hideyuki Isowa #- | [edit]
磯輪さん

最近は、自分たちで創り上げた独自のプロセスは
直接的なビジネスとして威力抜群だと思っています。

そういう意味では、ISOWAさんは宝の宝庫なのでしょうね。

ご一緒できてワクワクします。
[2012/08/31 21:43] | hide #- | [edit]
高橋さん

城の壁に飾られている$マーク。
じつはこのマークも会社のロゴとして、
使われていたことがあるんです。

米国のお客様などには大変好評で、
とても縁起が良いものだからと、
「その帽子を記念に貰えませんか。」と、
よくリクエストを頂戴していました。

ありがとうございます。
[2012/09/01 11:06] | itani #- | [edit]
井谷さん

コメント、ありがとうございます。

来年はどうなるのでしょうか?

楽しみですね。

また、職場の方にも遊びに行きますね。
[2012/09/01 20:09] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/262-c3f415e2

  • 今年は磯輪城[磯輪日記]
    毎年、すばらしい部署紹介パネルを作ってくれるわが社の段ロール グループ。 過去の作品を振り返ると、スタートした3年前は野球;          一昨年はサッカー:     ...
[2012/08/31 09:29]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。