スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

育児は学びの機会でいっぱい

2012-09-08
先日、スコラ・コンサルトのオフィスに、ハッピーライフ研究所の
大久保正剛所長が訪ねてきてくださいました。

ちなみに、大久保さんは、人と経営研究所の大久保寛司さんの弟さん
なのです。

人の潜在能力を引き出す訓練が得意ということで、実演しに来てくれ
ました。

この実演の中で学ばせてもらったことは、

「言葉とイメージ」

でした。

大久保さん曰く、

「人というのは、願った通りになるのは難しいが、思った通りにはなる」

人は、願っていることと思っていることが必ずしも同じだとは限らない
ということなのだそうです。

たとえ幸せになることを願っていたとしても、思っていることがネガテ
ィブだと幸せは遠のくものだよ。

と教えてくくれました。

例えば、野球の選手でも三振をしてしまう、いわゆる失敗のイメージを
持って打席に入れば結果は願ったものにはならないのかもしれません。

成功例で有名なのが、長嶋茂雄氏の天覧試合でのサヨナラホームランな
のだそうです。

天覧試合でホームランを打つイメージを持っていたということなのです。

常に言葉がネガティブな人も思っていること(イメージ)は、ネガティブ
だということで、これは子育てにも通じるということでした。

いい子に育てたければ、ポジティブな言葉をかけ続けなさい!

「おっ、これならやってる」

・ハル君は、パパとママの宝物だよ。

・パパとママは、ハル君の味方だよ。

・ハル君は、伸びる子だよ。

と、実は毎日のように話しかけています。

最近では、嘘のような本当の話ですが、こういった言葉をかけると、笑って
くれるんです。

ちなみに、この教えは、私の家庭風土改革のコンサルタントでもある、I社の
I社長から伝授してもらった至極の言葉なのです。

子育てといえば、出産前にスコラ・コンサルトの先輩ママのTさんから購入す
るように薦められた、

「定本 育児の百科 (松田道雄著)」

IMG_0232_convert_20120908225136.jpg


が、とても本質をついた教えばかりで、とても助かっています。

実は、この本の初版は、1967年ですから私が生まれる前に書かれた古い本
なのです。

・上巻 5カ月まで
・中巻 5カ月から1歳6カ月まで
・下巻 Ⅰ歳6カ月から

現在、我が家の愛息子は、3カ月なので、そのあたりを読み進めています。

勇気づけられるというか、自信が持てるというか、すごい話の連続です。

ちょっと長くなりますが、どんな内容なのか紹介させていただきます。

「小食で太らないのか、病気で太らないのかは、初対面の保健婦さんよりも、
母親のほうがよく知っている。小食であるが、きげんもよく、笑顔もみせ、
このごろは脚もぴょんぴょんできるようになったというのなら、3か月の赤ちゃん
として生きるのに何の不自由もない。」

「赤ちゃんが、どうしても言われただけの(保健所などから)ミルクを飲めない
ので、母親が赤ちゃを医者に毎日連れて行き、太ると称する注射をで、赤ちゃんの
平和で楽しかった生活を破壊する例が多い。この子のことは、私が世界中の誰より
も知っている、という自負が母親になかったのである。」

毎度毎度、「ブラボー」と叫んでしまいそうなほど、感激してしまいます。

おかげで、生まれた当初は、心配や不安の連続でしたが、今ではある程度自然に
任せて、触れあえるようになったので、ずいぶんと心に余裕が生まれたような
気がします。

この本、最近気づいたのですが、育児の本なのではなく、子供の親になるという
ことを考えさせてくれたりする、

「育親の本」

なのだと思います。

ここまで書いて、ふと気付いたのですが、子育てというのは、親である自分を
育てるってこと・・・!




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!







スポンサーサイト
tag :
コメント:
大変ご無沙汰しております。以前、オフサイト体験クラスに参加させていただきました針谷ですが、覚えていらっしゃいますか?密かにブログを購読して読ませていただいております。先日の「学習する組織」の勉強会に伺った際、ご挨拶出来ずに失礼致しました。

「育児の百科」、私も購入させていただきます!貴重な情報ありがとうございました。
[2012/09/10 20:58] | 針谷友久 #- | [edit]
針谷さん

良く覚えていますよ。

うちの輿良が、お世話になっているようで、
話は聞いていました。

学習する組織の勉強会、ありがとうございました。

機会がありましたら、情報交換などできたらいいですね。

今後もよろしくお願いします。
[2012/09/11 23:42] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/266-920dcf75

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。