スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

蚊取り線香

2012-09-12
先日、東海道新幹線に乗って、WEDGEをパラパラとめくっていると、

「蚊取り線香」

の記事が目に飛び込んできました。

蚊取り線香と言えば、かつては我が家でも夏の必需品でした。

子供のころは、クーラーなどはなく、夏の夜は蚊帳を部屋に張り巡らし、
蚊取り線香を焚いて寝ていたことを懐かしく思い出されます。

この記事を何気に読んでみると、今でもかなりの量が売れていることが
わかります。

一日当たり、20万巻~70万巻ほど紀州の工場から出荷されているとのこ
とでした。

一牧75cmですから、掛け算すると(20万巻×75cm)、

15,000,000cm=150,000m=150kmもの長さになりますので、東京から
静岡県の富士市までの直線距離に相当します。

一巻の燃焼時間は、7時間ですから全部つなげて燃やすと、1,400,000時間、
58,333日、160年も燃え続ける。

息の永い会社です。

当たり前に使っていた蚊取り線香ですが、化学物質は一切使わず、主に天然
由来の原料だけで創られているのだそうです。

「人々の健康を守りたい」

きっと昔は、蚊は伝染病などの原因になったりして、蚊から身を守るという
ことは切実な問題だったのではないかと思います。

蚊から身を守ると同時に、人体にもできる限り無害であることを今でもかた
くなに守り続けているようなのです。

もう一つ面白かったところは、

「東京では缶入り」

「大阪では箱入り」

が良く売れるのだそうです。

大阪は箱入りなので、缶入りよりも若干は安いので良く売れるということで
した。

エコかケチかは微妙なラインですが、とても日本的なマーケティングの姿勢
のように感じます。

そうそう、蚊取り線香を作っている会社と言えば、

「大日本除虫菊株式会社」

ニワトリのマークで有名なキンチョウブランドですね。

商標は、「金鳥」

その由来は、

「鶏口と為るも牛後と為る勿れ(けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ)」

大組織の下位よりも、小組織でもトップでありたいという思いがあったという
ことです。

キンチョウさん

蚊取り線香の用途は、昔とは異なっているのでしょうが、今でもロングセラー
で売れ続けている。

時計の針を追いかけるようなトレンド経営とは一線を画して、時計の針が形を
変えながら、まるでキンチョウさんにゆったりと追いついてくるような感じさ
えします。

キンチョウさんはこれからの未来も、トップ企業であり続けるのでしょうね。

とても誇りを感じさせてくれる会社です。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/267-1434411f

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。