スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

C社版経営者オフサイトミーティング

2012-10-25
C社さん版の経営者オフサイトミーティングの第1回目が開催されました。

正確には、2回目の開催ですが、初回は体験版と位置付けたので、今回が
晴れて正式開催の第1回目になりました。

会場は、C社さんの品川にある会議室を利用しているのですが、とにかく
環境が最高なのです。

IMG_3599_convert_20121024225621.jpg

明るい大きな窓があって、外を覗くと、そこには運河と遊歩道があって、
都会とは思えない解放感です。

そして、机とイスもオフサイト風にセッティングされていて、C社さんの
お客様への心遣いが伝わってきます。

今回は、めでたく体験会から都合で出席できなかった方を除いて、全員に
参加していただき、しかも、新しく3名の経営者の方に参加いただきました。

参加者のみなさんに、会に参加しようと思ったきっかけを聞いてみると、

「C社のM本部長に薦められたから」

と、口をそろえて話されます。

これって、私なりに勝手に読み解くと、

「信頼しているM本部長がお薦めだっていうだから、そこを信頼して参加し
 ようじゃないか!」

という変換ができるほどのほどの信頼なのだと思います。

では、この信頼はどこからやってきたのか?ということが大事なんだと思う
のですが、それは、私が察することができる範囲だけでも以下の点があげら
れるような気がしています。

・日常的にお客様を担当している社員(M本部長の部下)とM本部長が方針
(お客様との関わり方の考え方)を共有している。

・単なるモノの押し付けのような、モノ売りをしているのではなく、お客様
に役に立つことを提供しようと努力している。

・お客様が、自分たちのこと(お客様の考え方)を理解していくれていると
いう実感が持てている。

M本部長が目指しているお客様との関わり方は、単なる「B to B」ではなく、
人と人が信頼関係で結ばれている「Bc to cB」なのだと思います。

会の冒頭でM本部長は、

「自分たちの強みを使って仕事をすることが大事だと思っている。今、自分
たちがお客様のためにできることは、経営者オフサイトミーティングを企画
すること、そして、より実りある会にするために、志が高く面白い経営者に
参加してもらい、この場に加わってもらうこと」

と話されました。

確かに、この想いが実を結んでいて、M本部長が手塩にかけて集めた経営者
の方々なので、はじめての参加者の方が混じりながらも、場の質(=学び合
いの質)がとても高い会になっているのです。

さて、今回のテーマは、

「次世代リーダーの育成」

でした。

サブテーマとしては、

「次世代リーダーに何を期待しているのか?次世代リーダー候補はリーダー
になりたいと思っているのか?その動機は何か?」

という切り口を用意させてもらいました。

本格的な議論の前に、スコラのNさんから、議論の材料としていくつか情報
提供をさせていただきました。

そもそも、リーダーになりたいと思っている社員は少ないのではないか?

・責任が重い、常に見られる、厳しく言う・・・大変!
・財務?マーケティング?マネジメント?・・・難しい!
・現場でモノを触っていたい!走り回っていたい!

こんな現実がある中で、リーダーになりたいという動機をいかに創るか?

「義務感」だけでは、そもそも、難しいのではないか、「使命感、信念」が
必要だというのがNさんの主張です。

では、この使命感や信念をどうやって創っていのか?

Nさんの話では、

「これはまだまだ仮説の段階」

という前置きがありながらも、

・贈り物への恩返し
・悔しさへの反骨心
・創りたい未来への渇望

が源泉だと言うんです。

私自身を含めて、これには思い当たる節があって、自分ごととして過去の想いを
巡ってしまいました。

これは、聞いてくれていた、参加者の方も同じだったらしく、

「みなさんに聞いてみたいんですけど、みなさんは経営者になる前は、出世した
いとか、リーダーになりたいって思っていたんですか?」

なんて言う、場への投げかけなんかもあって、いつの間にかオフサイトミーティ
ングが自然とはじまってしまいました。

リーダーそのものになりたかったという想いはなくても、なにかしらリーダーと
つながるような想いがあった、ということが共通点でした。

このリーダー育成というテーマは奥が深く、1回だけでは核心に迫るまでには至ら
なかったのですが、参加者個々にリーダー育成にかける本気の想いがあるという
ことだけは共有できました。

中でも、ある経営者の方の動機は、

「数年前から新入社員を毎年20数名ずつ採用してきて、社員全体の約1/3が20代の
 入社5年未満で占めるまでになった。先日、家族を招待してイベントを開催した
 とき、改めてこの現状を認識できるようになった。この若い社員を最後まで会社
 が面倒を見ていこうとしたら、若手を育てられるリーダーがもっと必要なんです」

一人ひとり、想いは違っても本気度は一緒でした。

次回以降は、このテーマをもっともっと掘り下げ、核心に迫っていきたいと思って
います。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん、長野さん、昨日は大変お疲れさまでした。
程良い緊張感に包まれ、オフサイトに入り込みました。

やはり感謝したいのは、参加された経営者の皆様が、本当に貴重な時間を確保してくれたことです。
この会の質を高めていく為に私にできることは、より素晴らしいメンバーを集めてくることですね。

これからもよろしくお願いします。
[2012/10/25 10:43] | 向井 忍 #YNtH96NA | [edit]
向井さん

参加者のみなさまには、感謝の気持ちで一杯ですね。

これからも、どうぞよろしくお願いします。
[2012/10/26 23:31] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/292-b754a4ad

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。