スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

「働きやすさ」と「働きがい」

2011-06-21
働きがいを持ちたいですか?

と、聞かれてNOと言う人はそうそういないと思います。

私もそうです。

ただ、この「働きがい」という普段よく使われている言葉ですが、
それはどういうこと?と、聞かれると・・・。
普段使っている言葉の方が、説明が難しいことってよくあること
だと思います。
(このあたりが、伝えることの難しさであり、解釈が違ってしま
うことの原因にもなりますね)

「働きがい」と似た言葉で、「働きやすさ」という言葉がありま
す。
このブログは、論文ではありませんので、定義云々を論じるとこ
ろではありませんので、あくまでも私の使い分、考え方を紹介し
てみたいと思います。

「働きがい」
相手(お客様、仲間、協力会社)の役に立つこと(貢献すること)

「働きやすさ」
相手に求める仕事の環境

言葉は似ていますが、「働きがい」と「働きやすさ」は、似て非
なるものだと思っています。

「働きやすさ」は、非常に大事なことだと思います。

ただ、これだけを求めたり、これだけを提供しても、人が仕事を
通じて幸せになれるかどうかの保証はないように感じています。

なぜなら、相手に依存してしまうことが知らず知らずに強くなっ
てしまうからです。

その一方で「働きがい」は、自分の意思次第で得られる行為です
から、幸せを自分の力で得ていくことができる、主体的な行為と
言えるのではないかと思います。

私は、「働きがい」ということと、「ビジネスで成功する」とい
うことは、ほぼ同じことだと思っています。

「働きがい」も「ビジネス」も、自分の力で幸せを持続的につか
んでいける素晴らしい仕組みだと思っています。
スポンサーサイト
tag :
コメント:
 高橋さん こんにちは
いい調子ですね。
この調子ですよね。
とにかく最初はネタはいっぱいあるわけですから・・・

さて 働き甲斐!
働き甲斐を持つためには おっしゃるように考え方が重要になってきますね。
ただ・・・仕事に対する理解と 誇り この2つがなかったら働き甲斐は
なかなか感じられませんよね。

スタッフ中心のスコラさんから見れば 何を言っているんだ・・・って言うことなのかもしれませんが
だからこそ 意外にも忘れ去られてしまう点かもしれません。

ここを正しく理解できるように支援するのも 先輩や上司の大事な役割かもしれませんね。
そのうえで 自分で掴み取るという考え方をもてるように いろんなチャンスを与える・・・
そんなふうにして 自律した集団を育てていけたら嬉しいです

きっとそれこそが経営者としての働き甲斐なのでしょうね。
[2011/06/21 22:49] | acb #- | [edit]
acbさん

いつもコメントありがとうございます。
ブログに張りが出ますね。
いつも二人だと何だか艶やかなものを感じてしまいますが・・・。

「理解」大事なキーワードですね。
スタッフ中心の我が社でも同じだと思います。

以前、「どうして部品を詰める箱はこの大きさなのか」
「配送の単位は、なぜ、決まっているのか」

こういうことを熱心に職場のメンバーに話している班長さんに
出会ったことがあります。

そこの部署だけ改善活動がいつも上手くいっていました。

自分の作業手順を理解していることと、自分の仕事は何なのか
理解しているということは少し違うのかもしれませんね。
[2011/06/21 23:40] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/3-ece73943

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。