スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

人がビジネスで成功する会社

2011-07-18
「業績」と「働きがい」どちらが大事ですか?

という質問があったら、みなさんはどのように答えられるでしょうか。

ほとんどの方が、両方と答えるのではないかと思います。

私もそうです。

「業績」と「働きがい」の両立は、企業経営に関わる方にとって、
ひとつの目指す姿なのではないかと思います。

自分で使っておきながら、何なのですが、「両立」という言葉が、
ある意味、落とし穴なのではないかと思うようになりました。

それは、両立する=業績と働きがいは別物

という意味を含んでいるように感じるからです。

では、別物でなければ、何なのか?

興味深いところですね。

「業績」と「働きがい」には、2つ共通点があるのではないかと
思っています。

1つ目、

双方とも外から得られるものである。

2つ目、

双方とも何らかの行為の結果である。

「業績」や「働きがい」は、外に向けて行った何らかの行為の結果
ですから、それ自体を目的にするよりも、その行為そのものを目的
にした方が、結果として得られやすいということだと思います。

では、目的にすべき行為は何のでしょうか。

それは、「お客様に貢献すること」や「お客様の役に立つこと」

ここを目的に定め、創意工夫を積み重ねていく。

仮に、大リーガーのイチローが年収を目的にしていたとしたら、
もう努力することを辞めているのだと思います。

既に、大金持ちでしょうから。

イチローの目的は、たぶん「たくさんヒットを打ちたい」だと思います。

人には、「誰かの役に立ちたい」「成長したい」という、根源的な
思いがあると信じていますし、これが主体性の源泉だと思います。

この思いを「お客様に貢献する」「お客様の役に立つ」という
ビジネスシーンの中で、開花さることができるか。

このブログのタイトル、

「人がビジネスで成功する会社」とは、

人が持つ主体性を活かせる会社ということです。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/30-e938a156

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。