スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

新しい本屋さんのカタチ

2013-02-11
「書店」と銘打っているものの、この店にあるのは本ばかりではありません。

とホームページ上でもうたっている、

「TSUTAYA 代官山 蔦屋書店」

に行ってきました。

IMG_9046_convert_20130211214505.jpg

店内に入った瞬間に、

「他の書店とは違った雰囲気」

をビシビシと感じることができます。

祝日ということもあってか、お客様の数はショッピングセンターや遊園地の
ような賑わいでした。

このお店がオープンしたのは、2011年12月ということですから1年以上経過
しています。

「大人のTSUTAYA」

というコンセプトだけあって、駅前にあるよくあるレンタルビデオ屋さんと
の併設店とはだいぶ違うんです。

IMG_8411_convert_20130211214408.jpg

この日は、写真家で有名な荒木経惟氏の特集コーナーが、広々とした中央で
開催されていました。

展示というよりは、むしろインテリアのような陳列です。

商品は売れ筋中心の従来型の書店ではなく、各ジャンルごとに凄腕のコンシェルジュ
さんがいて、吟味に吟味を重ねた商品が並べられています。

IMG_6996_convert_20130211214351.jpg

ついつい私は、職業病的にビジネス書コーナーに足を運んでしまうのですが、
置いている本は一味も二味も違いました。

新刊を中心に平台に陳列するのではなく、きっとコンシェルジュさんがお客
さんに読んでほしいと思っている本を置いてくれているのだと思います。

イノベーションやソーシャルビジネスなど、これからのビジネスの世界を
つくっていくような本が圧倒的に目立ちました。

この本屋さんには、本だけではなく料理本コーナーには米や味噌などの食品
も併せて並べられています。

IMG_4736_convert_20130211214334.jpg

こういう仕掛けは、新しい発見をもたらしてくれたり、新しい生活を想像
させてくれます。

最近では、大部分の書籍をアマゾンで購入していますが、この書店のような
空気感はリアルの店舗でなければ提供できないものだと思います。

店内には、あちこちにイスがあったり、カフェがあったりと、コーヒーや
軽食をとりながらリラックスして購入前の本を読んでいます。

IMG_9517_convert_20130211214550.jpg

ファミリーマートも併設されています。

IMG_4730_convert_20130211214319.jpg

スターバックスもとってもお似合いです。

おしゃれで文化的な空間。

とにかく、丸一日いても飽きがこないほどの空間なんです。

普段、自分たちが手にするのは、売れ筋の本ばかりです。

要は、圧倒的多数の人が薦めてくれた本です。

世の中には、星の数ほど本があります。(大げさですが・・・)

本当に自分にあった本と出合えているか?

このTSUTAYA代官山店の空間に浸っていると、出会いの可能性を無限に
引き出してくれるような期待を感じてしまいます。

出版不況、書店不況が当たり前のように語られる時代ではありますが、
新しさというのは尽きることがないということを証明してくれています。

スペックや価格といったような価値には自ずと限界が生じます。

ただし、

「カッコいい」

「快適」

「美しい」

といいたような情緒的な価値には限界がないように思えます。

情緒はお金にならない。

というのは、中途半端な思考の定説なのでしょう。

トコトン、情緒に磨きをかければ、従来型以上のビジネスに変身する可能性が
大いにあるのだと思います。

この書店は訪れる価値大ですよ。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!





スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/319-f860fe3a

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。