スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

イチロー

2013-02-14
昨日のイチローへのインタビュー記事は、考える材料の宝庫でした。

※日本経済新聞2013年2月13日39面

仕事の対価をもらって働いている人は、定義上は誰でもプロフェッショナル
ということになりますね。

その反対がアマチュアということになるのでしょうか。

イチローのプロフェッショナル観に接すると、刺激という感覚だけではなく、
怖さすら感じてしまうのは私だけでしょうか?

イチロー=ストイック → だから特別な人

という構図をついつい持ち込んでしまいそうになります。

自分にはそれほど自信がありませんから。

ただ、これだと学ぶべきところが学べなくなってしまいますから、必死で
食らいついて出来る限り多くのことを学びたいという気持ちもあるんです。

気になったところをいくつか紹介したいと思います。

「ファンは勝つことだけでなくプロフェッショナルなプレーを見たがって
 いる」

「『何かのために』は聞こえは良い。でも時に思いあがっているようにも
 思える。人間関係においても言えることだが、誰かの『ために』やろう
 とすると厄介な問題になることがある。しかし、誰かを『思い』何かを
 することは、見返りを求めることもなく、そこに愛情が存在しているか
 ら不幸になることが少ないように思う」

確かに、私が愛息子を思う気持ちと一緒です。

思える人が多ければ多いほど、幸せになれる可能性は高くなるということ
なのでしょうね。

「努力すれば報われると本人が思っているとしたら残念だ。それは自分以外
 の第三者が思うこと。もっと言うなら本人が努力だと認識しているような
 努力ではなく、第三者が見ていると努力に見えるが本人にとっては全くそ
 うではない、という状態にならなくてはないのでないだろうか」

「子供の時の感覚で楽しくて好きでいたいのならプロになるべきではないだ
 ろう。もちろん、違う種類の楽しみややりがいはたくさん生まれるが、
 プロの世界では楽しい時など瞬間にすぎない。ほとんどはストレスを抱え
 た時間だ。しかしその『瞬間』のために、ありったけのエネルギーを費や
 していく。その中で人間構築をしていかなくてはならないと考えている」

どうでしょう、このプロフェッショナル観。

自分を重ねれば重ねるほど、

「そうだよね!」

と気安く同調できない厳しさですね。

「年俸が高いんだからこのくらい厳しくて当たり前だよ」

という見方もあるのでしょうが。

年俸の多少ということだけでは片づけられないようにも思えます。

ちなみに、イチローの年俸は、

・6億5,000万円(2014年ヤンキース)
・18億円(2012年マリナーズ)

私の年俸はイチローの1/100以下ですから、それならイチローの1/100以下の
プロフェッショナル観でいいのか?

それはやはり違うのだと思います。

年俸よりも自分をプロとして認められるかどうかという問題なのかもしれません。

「仕事を楽しむ」

「仕事のやりがい」

「働きがい」

これをどこに求めるのか?

イチローが言うように、仕事の中でストレスを感じる場面があります。

このストレスから逃れ楽しみに変えたいと思うのも人間の当たり前の欲求のよう
にも感じます。

ただ、このストレスを逃れた先に楽しみが本当にあるかと言えば、

「青い鳥」

の世界ように、幻の世界なのかもしれません。

このストレスを受容して、瞬間の楽しみのために全力を尽くす。

確かに、自分の力で確実に楽しみを増幅させることができそうです。

こういうことを、楽しみ、やりがい、はたらきがい、にしていくことはとても
主体的な行為だと思えてきます。

私はイチローにはなれませんが、プロフェッショナルではありたいと思ってい
ます。

この記事をはじめに読んだときは、

「やっぱりイチローは常人ではないな・・・」

と思ってしまいましたが、何度も読んでいくうちに、

「やっぱりイチローも普通の人間なんだ」

と思えたんです。

ストレスを抱えていたわけですから。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
同じ記事を読んで ブログ記事にしました。
やっぱり!ここには感じ入っちゃいますよね。
>努力すれば報われると本人が思っているとしたら残念だ~
努力とは感じない努力・・・カッコいいですよね。

私は 毎日何もしないでいることが苦痛で これは
皆から見たら何もしていないのに 本人は努力だと思っている
・・・という悲しいことですよね。

もっと自分が楽しんで アクティブに動いて だから私にはストレスがない
そんな動きをしても皆が迷惑と感じない そんな集団を作らなくちゃね。

それまでは 外で頑張ることにしましょうか!

ポチッ!
[2013/02/15 08:39] | acb #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/322-9d6b9456

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。