スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

価値競争

2013-03-12
私の恩師である、脳力開発センターの田中さんから、

「子供を連れて会社においでよ」

という、あたたかいお誘いを受けて、鷺沼駅近くにある田中さんの
オフィスに行ってきました。

ここ最近、ますます人見知りが激しくなっているので、正直なところ
大暴れしてしまうのではないかという不安で一杯でした。

ところが・・・。

IMG_5590_convert_20130311235744.jpg

抱っこしてもらうと、エンジン全開、満面の笑みでした。

私の実家の父(おじいちゃん)に抱っこされても大泣きだったのに、
どうしたことでしょう。

終いには、

IMG_9227_convert_20130311235801.jpg

自ら、田中さんの口に、

「ブチュー」

と、してしまう始末でした。

田中さん曰く、

「心に雑草(雑念)が入っていないから、子供に好かれるんだよ」

今回も田中さんに、日頃から鬱積している悩みなどを聞いてもらった
のですが、返ってきたアドバイスは、

「悟り=全ての原因は、我の心にある」

ということでした。

幸せというのは、穏やかな心を持つことである。

お金、褒められる、地位などは、全て外因なので幸せかどうかの条件
にはなっても原因にはなり得ないというのです。

・原因=内因

・条件=外因

内因の持ちようによって、外因はつくられるので、主導権はやはり
内因ということになります。

「主体性、当事者意識」

にも通じる考え方ですね。

おかげさまで随分とスッキリしました。

自宅に帰って、夕刊をめくっていると、

「デフレ時代のヒット商品は?」

という紙面に目がとまりました。

食品・日用品の主要80品目の店頭価格を調査してみると、

・25品目が価格上昇

・51品目が価格下落

・全体では0.1%下落

注目すべきは、デフレ化でも価格が上昇した商品ですね。

トクホのコーラ、マルちゃん製麺、ノンシリコンシャンプーなど、ヒットした
商品などです。

「デフレ=価格競争」

という構図は必ずしも当てはまらないことがわかります。

消費者は価値を実感すれば、多少高くても購入するということですね。

価格を優先する購入スタイルは、

「価格以外に価値を感じない」

という、提供者側への暗黙の厳しいメッセージなのかもしれません。

消費者は新しい価値を期待しているからこそ、見出せない場合は、価格を厳し
く優先するという行動にでるのかもしれません。

「価格競争よりも価値競争」

たとえ小さくても、新しい価値をたくさん生み出し続けることが大事なのだと
思います。

成熟した社会における多様な市場では、以前のようなビッグヒット(逆転満塁
ホームランのような商品)は期待できませんよね。

アイディアをカタチにするスピードが求められているようです。

アイディアは、大きな企て(目的)が発生源です。

このアイディアを小回りをきかせてカタチにする。

大企中小業のほうが、価値競争の時代には圧倒的に有利なのだと思っています。

この特性を活かせるかどうかは、

「内因次第」

ということが企業においても言えるのではないでしょうか。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/329-7d3f096f

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。