スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

チャネルの開拓

2013-03-27
IMG_0998_convert_20130327003511.jpg

ついに欲しかった蛍光ペンを購入することができました。

少し前になりますが、何かのTV番組を観ていて一度使ってみたいと
思っていました。

この蛍光ペン、ただの蛍光ペンではありません。

ペン先が固形になっているので、キャップを数日外したままでも
乾燥して使えなくなることはないそうです。

もっと優れモノなのは、使い心地です。

IMG_5485_convert_20130327003622.jpg

まるでクレヨンで線を引いたような何とも言えない柔らかな使い心地
です。

この蛍光ペン、ずいぶんと話題になっているようで、売れに売れてい
るということでした。

(新大阪駅にある文具店の方に聞きました!)

こういった文具類は行きつくところまで進化しているような実感を勝手
に持っていましたが、この蛍光ペンのようにユーザーの期待を軽々と
超えてくる。

「うちは成熟産業なので新しい取り組みは難しい」

という話も度々聞かれますが、それはあくまでも身内の常識に過ぎない
ということを教えてくれます。

どんなモノにでも新しい価値創出の可能性があるということですよね。

さて、話は変わりますが、スコラ・コンサルトの入り口のドアを新しく
しました。

IMG_1587_convert_20130327003545.jpg

というのは、冗談で、こちらのドアは4月中旬にオープンする大阪に
設けた新しいミーティングスペースです。

IMG_1056_convert_20130327003527.jpg

入り口のドアを開けると、カウンターが目に飛び込んできます。

IMG_0854_convert_20130327003447.jpg

中はまだ準備中で、机とイスが少しだけあるだけです。

この新しいミーティングスペース、淀屋橋近辺にあります。

この物件は、以前、入居するビルのオーナーが使っていた部屋らしく、賃貸料の
割には驚くほど豪華な造りになっています。

他人事のように言ってしまっていますが、私がこの物件を生で見るのは今日が
はじめてでした。

最初から最後まで、スコラ・コンサルトのメンバーが頼もしく進めてくれるので、
私は方向性と予算を提示しただけでした。

このスペースを使う人が責任を持って決められれば、愛着が湧いていいものに
なると思っているんです。

このミーティングスペースを大阪に新設することになったきっかけは、家庭の
事情で大阪に戻りたいというメンバーが数人出てきたことでした。

単純にメンバーが働きやすい環境をつくりたい。

ある意味、これだけで新設することに決めました。

この時代はパソコンとネット環境があればどこでも働くことができますが、
やはり職場という「場」がないと気持ちも緩みますし、所属意識なども低下
してしまいがちです。

ちょっとした仕事をしたり、お客様とミーティングができる小さくても場が
あるだけ働きやすさはずいぶんと違ってくると思うのです。

ただ、ここはあくまでもミーティングスペースであって、営業所や事業所と
いう類のものではありません。

所属はあくまでも東京の五反田オフィスということにしてあって、一体感だ
けは担保してあります。

大阪や神戸など関西から通勤する社員がこれで3名になりました。

せっかく大阪に場をつくるんだから、関西の市場も開拓しようということで
ちょっとしたミニセミナーなども開催する予定です。

また、大阪近辺のお客様でオフサイトミーティングを会社を離れて行いたい
というお客様には使っていただけるようなことも考えていますので、お気軽
にお声掛けください。

実は、スコラ・コンサルトのお客様基盤を眺めてみると、

「関西圏は弱い・・・」

東京の五反田一拠点で営業してきたので当然と言えば当然なのですが・・・。

そこで、大阪進出にあたっては、従来の出版やパブリシティを通じたチャネル
開拓ではなく、

「人」

という資源に大きく頼る開拓に梶を切っています。

スコラ・コンサルトのコンサルティングは、カタチがあるモノでもなく、請負
契約に見られるような明確な納品物や制作物もありません。

価値を提供する形態は、

「サービス」

ということになりますので、

「使ってみないとわからない」

これがサービスの特性でもあります。

だからこそ、「人」に頼る市場開拓が有効だと思っています。

使ってみないと価値を判断できないサービスを購入するには、

「信頼性」

がとても大事になります。

口コミなんかも信頼性の一つですね。

「人は、信頼している人の情報は信頼する」

多くの人に信頼されている人に信頼してもらうことが、新しい市場開拓の
スタートだと思っているんです。

最近では、製造業なども従来のスペック重視のモノの提供にとどまらず、
ビジネスモデル自体をサービス化していく流れにあります。

モノを提供してきた従来のチャネルだけでは、サービスの価値を伝えること
は難しいというのは容易に想像できますね。

インターネットやSNSなどのツールがこれだけ普及してくると、境界線や
距離感がとたんに気にならなくなってきます。

だからこそ、俗人的ともいえる信頼関係のヒューマンネットワークは以前
にも増して、その威力は無限大です。

この俗人的なシステムを応用して、海外の市場開拓も本格的に画策してい
ます。






人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/331-6ddecd43

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。