スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

愛情に満ちている会社

2013-04-17
今日は、I社さんと一緒にI社さんの長野県長野市にあるお客様に同行させて
もらいました。

長野駅で11:30に待ち合わせて、お客様に訪問する前に腹ごしらえ。

長野と言えばやはりお蕎麦ですね。

I社のIさんが事前に調べてくれていて、とっても尖がったお店でした。

IMG_2956_convert_20130416232338.jpg

店先から、お客に挑戦状を叩きつけてくれる、粋なおもてなしです。

IMG_7387_convert_20130416232405.jpg

こういう店は、味は・・・、だったりもしますが、とても美味しいい
お蕎麦でした。

お腹が十分に膨れたところで、I社さんのお客様、N社さんを訪問させ
ていただました。

会社の敷地に入った瞬間に、その会社の雰囲気は伝わってくるもので、
N社さんは、

・あたたかい

・自然体

・人や物を大事にしている

こんなイメージを持たせてくれました。

最初に、N社さんのY社長から会社の説明を一通り聞くことができました。

お題は、

①N社はどんな会社

②将来の会社像

③見学で見てほしいところ

とても感心してしまったのは、Y社長の考え方が加点主義だということ
でした。

①の「どんな会社」という問い立てに対して、11の項目がリストアップ
されていましたが、不足や問題を取り上げるのではなく、いいところを
中心に取り上げられていました。

一般的に、自社分析では不足や問題点のほうが目につきやすく圧倒的に
リストアップしやすいのですが、Y社長の分析結果は、

「8事項/11事項」

で、いいところが取り上げられていました。

Y社長が、N社、そしてN社の社員を本気で愛していなければ、こういう
結果にはならないのだと思います。

こんな感じで紹介してしまうと、全く問題がない会社のように思われて
しまうのかもしれませんが、決してそんなことはありません。

Y社長曰く、

「問題はたくさんある」

「だけど、問題が起きた時には一丸となって臨機応変に解決してくれる」

「さらに、お客様の要望に関して全力で応える覚悟がある」

こんな風に会社のこと、社員のことを社長が堂々と語っていると社員が
知ったら、嬉しくないわけはないですよね。

風土改革における最大の課題は、

「当事者をいかに増やしていけるか」

会社を良くいしていくことは誰の仕事なのか?

会社を良くするのは、会社さんの仕事。

会社を良くするのは、社長の仕事。

と、思っている社員が多いようでは、根本的に会社は良くならないのだ
と思っています。

「会社を良くするのは自分の仕事だ!」

こういう人のことを私は当事者と呼んでいます。

どうしたら当事者を増やせるのか?

人は全員違うので、人それぞれ動機は違うと言いたいところですが、
最初の一歩は、

「愛されていると思えているかどうか」

なのではないかと思っています。

そういう意味では、N社さんにはY社長から愛情をたっぷりと注がれ
て、当事者がずいぶんと多いような印象を受けました。

N社さんの訪問を終え、夕食までに少し時間があったので、I社の
みなさんと善光寺参りに出かけました。

IMG_1063_convert_20130416232243.jpg

18:00を過ぎていたので、参道には人はまばらでした。


IMG_9803_convert_20130416232427.jpg

こんなモノも発見!

なんと、お守りが自動販売機で購入できようになっています。

きっとこれは、外国人観光客に向けて設置されているのでしょうね。

自動販売機自体が珍しい国もまだまだ多いようですし、何よりも想い出
話にもなりますから、買い方を含めてお土産になっている可能性が高い
のもかもしれません。

最後に、コチラ。

IMG_2310_convert_20130416232310.jpg

「信州善光寺大門町 七味唐辛子 八幡屋礒五郎」

私が購入したわけではなく、お土産でいただきました。

I社のI社長の奥様のご友人Hさんが善光寺のご近所で写真館を営んでいて、
Hさんから図々しくもいただいてしまいました。

「子供が生まれて電話してきた人だよ」

と、I社長がHさんに私のことを紹介してくれました。

「あぁ、あの人!」

これだけでわかってしまうとは、I社長のブログの効果は絶大です。

Hさん、見知らぬ人にもお土産をふるまっていただきありがとうございま
した。

何とお礼をしていいのかわからず、ブログに書かせていただきました。


このことはI社長のブログにも掲載されています。(2012年5月26日)


人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/336-568192f6

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。