スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

「提供する」から「利用してもらう」

2013-04-23
スコラ・コンサルトのサービスのあり方そのものを考えることが多く
なりました。

というのも、スコラ・コンサルトは天才の集団なのではなく、
ある意味では凡人の集団だと思っているからです。

この集団が、いかにして世の中に大きな貢献を果たしていけるのか?

ここが知恵の出しどころですし、イノベーションの機会にもなると
思って、前向きに考え続けています。

かなり抽象的ですが、

「提供する」

という考え方から、

「利用してもらう」

このような大きな考え方の変化が自分の中に生まれるようになりました。

「提供する」

という考え方は、スコラ・コンサルトが考える仮説が前提となって、
サービスを企画し商品化してお客様に提供するということになります。

これは、当たり前の話なのですが、スコラ・コンサルトが考える仮説が、
価値の限界値ということでもあります。

一方、「利用してもらう」

という考え方は、お客様や世の中のありとあらゆる方々に知財やノウハウ
を開示し、応用可能性を外側から引き出してもらということになります。

こう考えると、価値は無限大に拡げていくことができそうです。

こちらの方が、圧倒的に凡人集団には適した方向性だと思っているんです。

こんなことを考えていると、巡り合わせというものがあるもので、
先日、約10年前にお付き合いをしていたA社のBさんから相談を持ちかけら
れました。

「スコラさんで、異業種間での商品開発の場をつくれない?」

Bさんは、当時の風土改革の世話人中の世話人で、会社内にコアネットワーク
をどんどんつくっていったほど、熱い思いを持った方でした。

A社さんは、ある業界を中心に製品を提供している老舗のメーカーです。

Bさん曰く、

「モノづくりだけでイノベーションを起こすには限界がある。異業種とのコラ
 ボレーションや異業種の技術などを組み合わせた大胆な新結合必要なんです」

Bさんの話はよくわかりますが、業種を超えた開発などは珍しくはなく、最近で
は、そういった取り組みも盛んに行われています。

そこで、Bさんに、

「どうして、スコラに相談してくださったのですか?」

と、聞いてみると、

「気楽にまじめな雰囲気で話がしたい」

こんな答えが返ってきました。

よくある異業種交流は、気楽過ぎたり、牽制し合ったりで、深く議論し合うこと
が難しく、新しいアイディアが生まれるような気がしない。

また、本格的な協働開発などになってしまうと、硬すぎたり、双方の利害が強調
されたり、期限などの制約から現状の延長線上のアイディアに終始してしまうと
いう問題意識もあったようです。

そして、コラボレーションするなら、価値観が合った企業とやりたいというのも
スコラ・コンサルトに相談を持ちかけた理由のようでした。

気楽にまじめな話し合いの仕方の場で、商品開発の話を行う。

これは、オフサイトミーティングの応用です。

価値感が合った企業とコラボレーションしていく。

これは、コアネットワークの応用です。

Bさんから、色々な要件を聞いた結果、A社さんのコラボレーションパートナーに
は、IT企業が最適だと判断し、現在お付き合いあいているIT企業のC社さんを
ご紹介させていただきました。

「モノとITを融合させた商品」

これが今回のコラボレーションテーマです。

最近の事例では、3DプリンタなんかがモノとITの融合ですね。

ここまで辿りつけるのかは未知数ですが、この取り組みが成功して世の中に
ご紹介できることを目標に頑張りたいと思っています。

オフサイトミーティングとコアネットワーク。

世の中に活かしていけるように、どんどんオープンにしていきたいと思って
います。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
面白い取り組みが始まりそうですね。
異業種の交流を 本音ベースでやろう しかも気付きがあるカタチで・・・
きっと気付かなかった自社の強みや 資産にきづくんだろうなぁ

スコラさんの財産のひとつは オフサイトを取り入れてみよう・・・という
ある意味 日本では革新的な考えを持っているお客様のネットワーク
そう思っているのですが ネットワークの強さ 広さに関しては
まだまだ拡大の余地がありそうなのですね。

ポチッ!
[2013/04/25 08:58] | acb #- | [edit]
私は、ずっと前からスコラさんを利用させてもらっているつもりです。
スコラさんに提供してもらう場合より、ずっと成果が大きいです。

ただこれまでは風土改革という面での利用だったけど、現在進行中の
利用方法はわが社の広い意味でのファン作りです。
新しいスコラさんの利用の段階ですね。

今後は、新製品開発などの面で利用できるよう考えたいです。
ITのC社さんとのコラボも何か可能かもしれないな~
[2013/05/11 00:27] | 磯輪 #- | [edit]
acbさん

おっしゃるようにお客様のネットワークは財産ですね。

しかも、とても素敵な方々ばかり!!!

遠慮せずに、どんどん頼っていきたいと思います。
[2013/05/23 01:19] | hide #- | [edit]
磯輪さん

いつもご利用くださり、ありがとうございます。

そして、スコラの可能性を引き出してくれることに
感謝しています。

コラボ、いいですね。

新しいことを生み出すことにご一緒できることを
楽しみにしています。
[2013/05/23 01:21] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/337-c11b73fe

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。