スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

労働市場の変化

2013-08-18
IMG_5623_convert_20130818222132.jpg



IMG_3568_convert_20130818222115.jpg



二子玉川の河川敷で行われる、世田谷区の花火大会に行ってきました。

この花火大会は多摩川の反対側にある川崎市の花火大会と同時開催な
ので、目の前でも後ろでも花火がどんどん打ち上がりとても豪華です。

そして、子供連れにはありがたいのは事前に有料席を販売してくれる
ので、ゆっくりとシートに座りながら花火を楽しむことが出来ます。

1歳2カ月の息子にとっては初の花火大会、最初は大きな音に驚き、
泣いてしまいましたが、途中からは大輪を指さしながら興奮して大声
を出したり、大いに楽しんでくれました。

さて、お盆も終わり、花火大会も終わり、私が子供のころは、

「夏の終わり・・・」

というちょっと寂しいイメージでした。

ところが、今年もそうですがまだまだ猛暑が続いてしまい9月になって
も真夏日が続きそうな予報が出ています。

暦と季節感がずいぶんとズレてきている、こういうところからも世の中
が変化しているように感じてしまいます。

ここ最近の世の中の変化で着目しているのは、

「境界線の曖昧さ」

でしょうか。

ビジネスの世界には、物理的な制約を前提としているような境界線が
たくさんありますが、ずぶんと前提が崩れてきているように感じます。

例えば、コンビニのドリップコーヒー。

ルノワールのような喫茶店 → スターバックスのようなコーヒーチェーン

そこにマクドナルドが100円コーヒーを強化、しかも味はそこそこに
美味しい。

ダメ押しは、コンビニ各社が店舗にサーバーを置いて気楽にドリップ
コーヒーを販売する。

コンビニの影響力の大きさは、店舗網の強大さでしょうか。

ちなみにコーヒーチェーンの店舗数は

1位:ドトール 1115店舗

2位:スターバックス 966店舗

3位:タリーズ 461店舗 

※2012年の比較

そして、コンビニの店舗数は、

1位:セブンイレブン 14807店舗

2位:ローソン 11151店舗

3位:ファミリーマート 9182店舗

コーヒーチェーンとは比較にならいほど、コンビニの店舗数のカバー
領域は強大です。

主力業態が、着席飲料のこーひーちぇーんとテイクアウトのコンビニ
では違っていますが少なからず影響は生じているはずです。

同一業態のみを競合として意識していれば済んでいた時代は終わり、
業態が曖昧になり、いつの間にか予期せぬ競合が出現する。

競争が業態を超えて激しくなれば、当然のように価格競争も激しく
なっていきます。

これを非難するような声もあるようですが、市場全体は確実に活性化
していますし、私たち顧客にとっての便益も確実に向上していることは
確かです。

このあたりの話はほんの一例で、私が注目している境界線の曖昧さが
生じている市場は、

「労働市場」

です。

一般的には、個人事業主などを除く大部分は、何らかの組織に属すること
で仕事をしているのだと思います。

企業が成長する=従業員数も増える

この当たり前の構図が崩れてきています。

グーグルやフェイスブックなどの成長企業の従業員数は売り上げ規模だけ
でみてみると決して多くはないようなのです。

成長のために従業員を雇用する必要性がなくなってきているということで
す。

では、労働力という資源が不要になったのかというとそうでもありません。

雇用以外で労働力を容易にしかも質の高い労働力を雇用するよりも安価に
調達できるようになったからだと思われます。

先に書いた、コンビニの話もそうですが、この労働市場の変化の裏側にも
テクノロジーの進化があることは見逃せません。

ちなみに、コンビニでコーヒーをはじめても店員を増員したという話は聞
いたことはありませんね。

オペレーションテクノロジーの進化が支えているのだと思います。

労働市場の変化の話は、地球上というとても大きなスケールで起こってい
ます。

このあたりはもう少し詳しく書いてみたいので、次回も引き続き労働市場の
変化を取り上げてみたいと思います。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
新聞紙上にクラウドソーシングに関する記事が出始めていますね。
土曜に日経で見たと思ったら 今朝は日経産業新聞でした。
少しトーンが違ってはいますが 「企業が擬似的に直接仕事を委託できる方法」
には違いありません。
まだ 海外の人の力を使うケースは少なそうですが インターネットの先にいる人が
日本人だろうとインド人だろうと関係ありませんね。

拡大したら 世界同一賃金が当たり前になってしまいそうです。
そのとき 日本で仕事を委託できるスキルとは何か? 海外の方との差異を
どこでつけるのか?
働き方から 働く人の意識まで変化させてしまいそうなこの取り組みに
興味津々でいます

ポチッ!
[2013/08/19 10:28] | acb #- | [edit]
acbさん

私も同じような感想を持っています。

革命に近いようなことが起きる可能性もあると
思っています。

こういう動きを主体的に活かしていくのか、それとも
のみ込まれてしまうのか?

当然、前者でいきたいですね。
[2013/08/21 01:15] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/345-a74463cf

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。