スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

第3回駒ヶ根版経営者オフサイトミーティング

2013-09-06
今朝は5:00前から雷が鳴り響き、しかも大雨。

午後や夕方の雷は珍しくはありませんが、早朝の雷は記憶になく、
北関東を中心に猛威をふるっている竜巻といい、日本の天候がずい
ぶんと変わってきているようのでしょうか。

AM8:00新宿発の高速バスに乗り、到着したのは長野県駒ケ根市、
東京とはちがってピカピカの青空でした。

今日は第3回駒ヶ根版経営者オフサイトミーティング、名付けて、

「経営の目的を一緒に考えるオフサイトミーティング」

でした。

IMG_9016_convert_20130905233855.jpg


全6回で構成されているプログラムなのですが、積み上げ型のプログ
ラムではなく、試行錯誤型(クラフティング型)になっています。

毎回毎回、自分の経営の目的を考えていくのですが、各回考えるため
の切り口としてテーマを用意しています。

今回の切り口は、

「尊敬する人物の好きな言葉は何か?」

この答えと経営の目的には直接的なつながりがあるわけではなく、

・なぜ、その言葉に惹きつけられるのか?

・自分にとってその言葉の持つ意味は何か?

の方に意味があるのだと思っています。

人間は情報に満ち溢れた大海原の中で、関心というアンテナを立てている
ことで情報をキャッチしていると考えられています。

その関心をこの切り口で見出そうとしています。

それを今回は、

A:自分が心底やりたいこと

B:社長(後継者)としてやるべきこと

C:AとBが重なり合う自分満足(社長満足)

という緩やかなフレームで整理していきました。

すると、極端な傾向が出てきました・・・。

関心事項のほとんどがBでプロットされたのです。

自分を主語にして経営の目的を考えるということに何らかの障壁が
あるようにも見えました。

本当はもっともっと素直に経営の目的を考えてもいいのでしょうけ
ど・・・。

それと、気負いも少なからずあるのでしょうね。

これは、後継者に対する暗黙のプレッシャーを相当強く感じてしま
っていることも理由なのだと思っています。

毎回、画用紙に現時点での経営の目的を書いて終わるのですが、
前回と比較して大きく変化した人が多かったように思えました。

ちなみに私は、


IMG_6062_convert_20130905233835.jpg

正確には、ユニバーサルデザインは手段なので目的にはなり得ないの
ですが、重要なコンセプトなのです。

そもそも、ユニバーサルデザインという意味は、

「文化や言語、国籍、年齢、性別の違い、障害の有無、能力のいかんを
問わず、誰もが不自由なく使えるデザインのこと」

ユニバーサルデザインの前提となる価値感は、

「自然な思いやり、利他」

さらに、デザインの意味は、

「何らかの目的やコンセプトの下、必要とあれば既存のものや時には進行形
のものも否定し、試行錯誤のなかで、状況にふさわしい最善解やイノベーシ
ョンを創造すること」

※定義の出典は、「紺野登+目的工学研究所著 利益や売上ばかり考える人
はなぜ失敗してしまうのか」

例えば、消防の目的は消火活動なのか?警察の目的は逮捕なのか?

ということと同じで、スコラ・コンサルトの目的は何か?

と考えることはとても大事なことだと思っているのです。

問題をコンサルタントが解決することなのか?

問題を解決していくのは当事者の人たちですし、小さな問題を顕在化させ
解決し続けていくという健全な自浄作用を持つことが大事なのだと思って
います。

コンサルタントが解決するのではなく、解決できる環境や持続的な力を
育むことのほうが何倍も世の中にとっては価値あるものだと考えています。

こういう考え方は、前々から持っていましたが、実態としてのサービスは
まだまだ遅れているというのが事実でした。

これからのサービスの方向性を一言で表現したものが、

「ユニバーサルデザイン」

なのです。

担い手や使い手が増える=当事者を増やすことができる

シンガポールに会社をつくったのは、ユニバーサルデザインを強化したい
と思ったからなのです。

その第一弾が、

「ワークコラボレーションレビュー」

・チームワークの状態を7段階で可視化

・コンサル会社が評価や分析を一切しないアンケートツール

・WEB上で全て完結できる無料サービス

・シンプルなアウトプットなのでレビューしやすい

こんなことを大事に開発し、ずいぶんと使ってもらえるようになりました。

9月後半には英語版も完成する予定なので世界中で使ってもらえることを
期待しています。

こういったツールだけではなく、非常に抽象的なことに関してもユニバー
サルデザインに近づける努力をはじめました。

その一つが、

「Scholar Consult Way」

です。

①事実・実態を何よりも大事にする
Cosider the nature of Reality in your organization

②意味や価値を常に考える
Discover the meaning and value of what matters

③目指すモノに向かって当事者としての姿勢を貫く
Focus on Strategic Challenge on your own initiative

日本語よりも英語の方が意味がハッキリとしてくるという利点がある
ので翻訳はとても大事です。

ただ、この翻訳、直訳では意味が変わってしまうので、ああでもない
こうでもないと、かなり大きな労力を要する大仕事になっています。

シンガポールに進出した理由は、

「ユニバーサルデザイン化しなければどうにも通用しない」

という環境を主体的につくったということになります。

スタートしたばかりで、ユニバーサルの「ユ」の字も完成していませ
んが、目的にこだわって粘り強く努力していきたいと思っています。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!





スポンサーサイト
tag :
コメント:
高橋さん こんにちは
なんとなく分かりそうで 少し難しい概念ですね。
ただ 誰もが自然に分かる・・・ということではなく 
サービスの方向(当事者を増やす)である・・・という部分がね

自分たちを追い込む・・・という意味では まさにトヨタ流
生産ラインの人数を強制的に一人抜いて 問題点を顕在化させる
・・・っていう感じですね。
こういうことは 覚悟と理解が必要
そんな風土で学んできたことを懐かしく思い出しました。
[2013/09/06 08:02] | acb #- | [edit]
acbさん

確かに難しい概念だと思っています。

それでも自分の信念なので、一生涯かけて
取り組んでいきたいと思っているんです。

少しずつ出来上がってきて認知されるよう
になるといいなぁと思っております。
[2013/09/12 14:30] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/349-082ce171

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。