スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

攻めと守り

2013-11-12
経営のスタイルにも「攻め」と「守り」のような違いがあるのではないかと
思っています。

私の愛読書、

「坂の上の雲」

でも戦争のスタイルとして攻めと守りが経営論に応用できるほど、上手に整理
されていていつも参考にしています。

日露戦争の舞台は、満州。

ロシアの戦争のスタイルは、要塞化を軸に鉄壁な守りを築き攻めての疲労させ、
しかるべきとに一気に攻める。

その逆に、日本は砲弾で要塞を沈黙させ、その後は歩兵による突撃で陣地を
奪還する。

互いのスタイルがどうして真逆になったのかの専門知識はありませんが、それ
ぞれの保有能力の違いにも理由があったのではないかと思っています。

保有能力というのは、資金、兵の数、武器、土木や建設技術などなど。

日本は兵の質や戦術では勝っていたと思うのですが、上記の物的な保有能力の
面ではロシアに劣っていました。

坂の上の雲にも記されている通り、

「守りは、攻めの数倍もの兵力を要する」

同じ兵力であれば攻めの方が有利という見方もできます。

攻めてよりも数倍の兵力を保有できれば、有利に進めることは可能なのでしょう。

守りは、局地的な主導権を攻め手に委ねているので、考えるべきは万能対応の
準備ということになります。

どこから攻められても大丈夫な準備をするということですから、兵力は攻めてより
も圧倒的に必要になります。

こういう話が経営にも応用できると感じる場面があります。

「現場が日常業務に忙殺され、本来やるべき仕事が進まない」

という場面です。

こういう場面が生じやすい経営スタイルは、

「受注(お客様から要望)対応型」

お客様からの要望には何でも応えていくというスタイルですね。

このようなスタイルが全て上記の場面と重なるわけではないのですが、

「受ける姿勢」

が強くなればなるほど、その傾向は強くなるように感じています。

「お客様の要望のさらに上を提案しよう!」

という積極性は受けるというスタイルよりは攻めのスタイルに近くなりますから、

「忙しいという停滞感」

は少なくなります。

経営資源にたっぷりと余裕があるのであれば、受ける姿勢になんら問題は生じな
いのかもしれません。

ただ、こういうことは今の世の中、あり得ない話でしょうから、攻めるという姿勢
を経営に持ち込むこまないといつまでも忙しさから抜け出せないのかもしれません。

何により力を入れるのか?

何をよりやらないか?

ここは攻め手だけが持てる主導権です。

お客様の満足は要望以上のレベルであって、要望を満たすだけでは満足につながら
ない場合もあります。

攻めの主導権というのは、お客様に満足してもらう主導権を持つということと同義
ですから、手放したら経営ではありませんね。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/354-c2aba297

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。