スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

エコとエゴは紙一重

2011-06-23
先日、あるミーティングでの出来事です。

テーマは、「どんな商材に力を入れていくのか?」

参加者は20代~30代の若手なだけに、積極的に意見が出されました。

発散の議論が続いた後、絞り込みの議論に入り、徐々に参加者の意見が
集約されていきました。

集約された意見の一つに「エコ関連商材」というものがありました。

昨今の環境ブームを考えると有望な商材だということで、参加者間の
同意が得られるような雰囲気に向かっていきました。

ところがその時、

「エコって何ですが?」

カーブを待っていたら、ど真ん中のストレートがやってきた、と思え
る程の直球が場に投じられました。

「しーん・・・・・・・」

誰も答えられず、沈黙がしばらく続いた後、

「エコ、エコ、言うけど、それってエゴなんじゃないの」

今度は内角の胸元をえぐるような厳しい球が投じられました。
ただ、あまりにも言い回しが面白かったようで、一人ひとりの参加者か
ら自然と笑みがこぼれ、場は温かい雰囲気に包まれていきました。

彼が伝えたかったことは、確かに環境にやさしいエコ商材は素晴らしい
もので、自分も力を入れていきたい。
しかし、それよりも大事なのは、お客様にとってどんな意味があるのか?
利便性はあるのか?効用は何なのか?得られる価値は何なのか?
ということだったようです。

しばらくして、別のある人が、

「エコを売り物にしたものを実際に買ったことある?」という質問を
投げかけました。

「ない」×全員

その後、商材候補を見つけ出すまでに至らなかったのですが、いくつか
の約束事を確認し合うことになりました。

①これから大事にすること(方針)。
「ことづくり=お客様にとっての価値」

②チームで頑張ること(行動指針)
「これからのミーティングでは、お客様にとってどんな意味があるのか
を質問し合う」
それが協力ということだし、チームで実践すること。

副産物のようですが、こんな立派な成果物が生まれた瞬間でした。

また、次回の予告です。

ズバリ「氷山モデル」となります。

スポンサーサイト
tag :
コメント:
 高橋さん こんにちは
「エコ、エコ・・・っていうけど欲しいの?」・・・ってハッとする言葉ですね。
実は供給側の思い込みで・・・今の流行だからエコなら売れるだろう・・・って

自分達が考えている自社の強みはお客様にとってどんな嬉しさがあるんだろうか?
自分たちの商品はお客様に喜びを与えているだろうか?

この問いが大事ですね。

風土改革だって ただそれだけでは自己満足。 その結果 世の中が良くなって
幸せな人が増えなかったら意味ないんですよね。
[2011/06/24 08:24] | acb #- | [edit]
無意識に相手にエゴを押しつけてしまっていること、実は結構あるのかもしれない。
「無意識のエゴ」は、イタイ。そのエゴ、正しすぎることだと、もっとイタイ。
気をつけようと思いました。
[2011/06/24 10:40] | ak #- | [edit]
acbさん

いつもありがとうございます。

想いがあることは素晴らしいことですが、
その想いが独りよがりになっていないかを問い返すことは
とても大事だと思っています。

だって「想い」は相手を思う心だから。

上手くまとめてみました。
[2011/06/24 23:23] | hide #- | [edit]
akさん

正しいことなのか、間違いなのか?
善なのか、悪なのか?

このような基準で判断できないことだからこそ、
一緒にやっていくことの難しさがありますね。

だからこそ、「経営の軸」がいるのでしょう。
[2011/06/24 23:27] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/5-625272f7

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。