スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

当事者は自分

2011-08-08
明後日、行われるセミナーの準備を先程まで行っていました。

テーマ対話会★SPECIAL版! 【テーマ】実践企業からみる「なぜ会社は変われたのか」~人がビジネスで成功する会社へ~

このセミナーの準備、ギリギリになってからやっているのではなく、
「ギリギリまでやっている」ということで、ご理解くださいね。

さて、準備のために何をやっていたのかというと、ゲスト出演して
いただく、トヨタカローラ秋田さんのDVDを繰り返し観ていました。

このDVD、自分でつくっておいて何のですが、本当にできがいい!

大事なことが、生の言葉で、リアルに収録されています。

我が子は可愛いといいますが・・・。

撮影は2年以上も前のことだと思いますが、今でもインタビューした
ときのことを鮮明に覚えています。

そして、完成した時、思わず涙してしまいました・・・。

前置きはここまでにして、ゲストのカローラ秋田の阿部さんがDVDの
中で語っている言葉がとても素敵なので、紹介したいと思います。

「当事者は自分」
「何もしなければ誰に返ってくるって、それも自分」
「全ては自分のためにやっている」

これが、伊藤社長の思いを現場に伝え続けてきた名参謀の阿部さんの
言葉です。

あまりにも凄味のある言葉に、

「お客様のため」

だとか、

「会社のため」

という言葉が、色あせて見えるほどです。

阿部さんが言っている「自分のため」というのは、決して自己中心
だったり、自分勝手という意味ではないと思うのです。

「自分のため」ということをとことん突き詰めれば、お客様のため、
会社のためと同義になっていくのだと話してくれたことがあります。
(飲み会の席ですが・・・)

私は、こんな阿部さんと話しているといつも感じることがあります。

「本当の意味で自分を大事にできるひとなんだなぁ」と。

変わるだとか、変わらない、とうのは結局のところ、自己の選択な
のだと思います。

誰かひとりが頑張って会社の全員を幸せにすることなど、とうてい
不可能なことです。

会社が社員を幸せにする、という考え方よりも、

「会社を使って社員が幸せになる」と考えた方が現実的なのだと
思っています。

ある会社の社長から教わったことがあります。

「自分で自分を変えていけるような力を身につけなさい」

決して簡単なことではありませんが、当事者は自分。

自分のために、ということを真摯に考えていければ、誰にでも
できることなのだと、阿部さんからいつも学ばせてもらってい
ます。

こんな学びが多いことを仕事にできている自分は本当に幸せで
す。

お客様に感謝です。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/52-edb2a4f1

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。